お知らせ

line

「YOSSHAA!ブログ」は、2013年より新しくなりました。
こちら

術後1ヶ月報告です

line

こんにちは。
皆さん、元気にお過ごしですか?
僕のほうは手術から約1ヶ月経ち、元気に過ごしています。
先週の金曜日にギブスも取れて、少しずつ動かせるように
なってきました。
でも、まだ重いものを持ったりはできないので、左手中心の
生活です。左手、大活躍中!ずーっと左手でごはんを食べて
いたので、左手はかなり進化しました。魚の骨を取ったり、
豆を1粒ずつつまんだり、だいたいのことは普通にできるように
なったんですよ。偉いぞ、左手。
この1ヶ月は仙台にいたのですが、ギブスを付けている間は
汗をかいちゃいけないので、寒い仙台はちょうど良かったです。
ギブスが取れてすっきりしましたが、やっぱり傷あとを見た時は
びっくりしましたね…でっかいムカデが這っているみたいで。
自分の腕だけど、「こりゃ、すごいなぁ…」って感じです。
今後は徐々に、無理せず1歩1歩、リハビリを始める予定です。
ここで焦っては元も子もないので、慎重に慎重に…。
実は僕は意外とせっかちなところもあるので、動かせるように
なったらすぐ動かしたい!って思ってしまうのですが、そこを
ぐっと我慢して、ゆっくりやっていくようにします。

この時期に日本にいたおかげで、バンクーバー冬季五輪での
日本代表選手の活躍を、たっぷり観戦することができました。
いやぁ、改めてオリンピックって、面白いですね。
特に、女子フィギュアスケートは、見応え充分。
浅田真央選手とキム・ヨナ選手の対決は、すごい!の一言。
あの技術、精神力、演技力。素晴らしいです。
まだ二人とも19歳ですよね…本当にすごいなぁ。
この舞台に立つまでに、どんなに過酷な練習や努力をして
きたんだろうと思うと、もう、何だか、観てるうちに泣けてきて
しまうんです。TVに向かって、
演技中は「ガンバレっ!」、終わったら「良くやった!!」って、
自然に叫んで拍手してしまうぐらい(…いや、実際は術後で
拍手は無理なんですが・笑)、興奮してしまいますね。
そんな話を知り合いとしていると、
「大塚さんのファンの方も、いつもそんな気持ちで、祈るような
想いで、大塚さんのこと応援してるんですよ」
と言われてしまいました。
…そうですよね…。
それに応えるためにも、僕も頑張らないといけないと改めて
思います。
オリンピックで頑張る代表選手の皆さんの姿に、たくさん
勇気をいただきました。どうもありがとうございました。
そして浅田真央選手、銀メダル、おめでとうございます!!
僕も、自分の舞台に戻れるように、これからも頑張ります。

3度目の手術

line

皆さん、お久しぶりです。
とても長い間ご無沙汰してしまいました。
ずっとご心配をおかけして、本当にすみませんでした。
僕は元気にやっています。

2007年に肘を痛めて以来ずっと、治療と手術、そしてリハビリと
トレーニングの日々を過ごしてきました。
そして今日、3度目の手術をします。
手術の前に、皆さんにご無沙汰のお詫びと、僕の今の気持ちを
お伝えしたくてブログの更新をすることにしました。

これまでの約2年間、僕は1日たりとも肘のことを考えない日は
ありませんでした。
2回の手術を受けましたが、術後の経過は、調子が良くなったり
悪くなったりの繰り返しで、正直、かなり辛いときもありました。
ボールを投げる段階まで回復はしても、それでも痛みはなかなか
消えることはなく、なにか違和感が残る…。
100%の力で投げることができず、もどかしい思いをしていました。
マウンドに戻りたい気持ちはもちろんあるのですが、自分自身で
「これで大丈夫だ」という確信が持てない。
中途半場な状態ではマウンドに立てないし、立ちたくない。
自信を持ってマウンドに立てる日は、一体いつになるのだろうと、
不安に苛まれることも何度もありました。

ただ、僕は一度も諦めようと思ったことはありません。
ひたすら辛抱、辛抱の毎日でしたが、この辛抱の日々にも何か
必ず意味がある、この辛抱の日々が必ず報われるときが来ると
信じて頑張っています(この「辛抱」という言葉は、桑田さんから
いただいた言葉でもあります)。
だから、もう一度、手術を受けることにしました。
その後は、再びリハビリ=辛抱の日々が始まりますが、きっと、
必ず、100%の自信を持ってマウンドに帰れると信じています。

毎回「待っていてください」というお願いばかりで心苦しいですが、
今回も、「待っていてください」とお願いさせてもらいます。
皆さんが応援してくださるお気持ちをいただき、パワーに変えて、
約束のマウンドに向けて頑張ります。

順調です

line

約1ヶ月、ご無沙汰してしまいました。
皆さん、お元気ですか?
MLBもプロ野球も開幕しましたね。
日本ではWBC余波で観客動員が上向きと聞いて、嬉しく思います。
GWはぜひ、野球場へ!

僕のほうは、リハビリ&トレーニングと順調に過ごしています。
肘も肩も、状態は悪くないですよ。
ピッチングも週3回やっています。
腕も振れるようになったし、変化球も投げられるようになりました。
フォームも毎回、色々と試しながら調整・修正しています。
こうやって投球の試行錯誤ができるようになったのも、良くなってきた
証拠だなと感じています。
オカザキ先生にも毎日マッサージをしてもらっているので、身体の
コンディションもいいですね。
たぶん、あと2~3週間ぐらいで、ほぼ満足な状態に持って行けると
思います。
もちろん、「焦らず、じっくりと」は忘れていませんが。
伊良部さんが復帰されたのも、本当に励みになります。
やっぱり、僕らの原点は「野球が好き」っていう気持ちだなぁ…と。
辛くても苦しくても、野球はやっぱり楽しいですから。

前回お伝えした通り、我が家の庭にはバッティングケージが完成
しつつあります。
それも、なんと手作り。
知り合いに、いちごやラズベリーを栽培している農場の方がいるの
ですが(その方もバッティングケージ持ってます!)、
「わざわざ専門業者に頼まなくたって、うちで作ってあげるよ」
と、おっしゃってくださって…その農場で働いているスタッフの方たちが
集まって、ケージ作りを請け負ってくださったのです。
もう、本当に感謝、感謝!です。
今週中には完成する予定で、息子も庭で練習できるのを楽しみに
待っています。

それでは、皆さん、良いゴールデン・ウイークを。
また、経過報告します。

祝・V2!

line

日本代表チーム、WBC2009優勝&V2、おめでとうございます!
約1ヶ月に渡る長い戦いを勝ち抜き、世界一の栄光を掴み取った
“侍ジャパン”の皆様に、心からお祝い申し上げます。

SDラウンドでは、思い出深いペトコパークに僕も観戦に行ってきました。
大リーグの第1歩を踏み出した球場、そして、第1回WBCの決勝戦で
胴上げ投手となったマウンド。
正直、今のこの自分の状態で観に行くのは、辛い気持ちもありました。
でも、それ以上に、「いや、やっぱり観に行かなくてはいけないな」という、
自分を鼓舞する気持ちもありました。
そして何よりも息子に、この国際大会の息詰まる熱戦、世界中のトップ
プレーヤーが集う真剣勝負を見せたかったのです。
もちろん、親子ともどもハラハラドキドキしながら夢中で応援しました。
同時に、野球の素晴らしさ、厳しさ、楽しさを改めて実感しました。
単調なリハビリの毎日を過ごしていた僕にとって、各国の代表選手たちが
必死に生き生きと、グラウンドでプレーし躍動する姿は、とてもいい刺激に
なりましたし、大きな発奮材料になったのです。
僕ももう一度、自分のいるべき場所に、これ以上ないぐらいの集中力を
凝縮した顔で立ちたい。
僕がリハビリをしている間にも、以前と変わらず温かい激励のコメントを
くださるファンの皆さんの期待に応えたい。
皆さんと約束した、復活のマウンドに戻らなくては。
改めて、心からそう誓いました。

第1回大会の監督、王さんにも再会することができました。
SDラウンドの1・2位決定戦では、「せっかくだから、一緒に観戦しよう」
とおっしゃってくださり、すぐ後ろの席を自らご用意してくださったのです。
試合中、ご迷惑かと思いながら、色々と質問したりしてしまったのですが、
全てに真摯に答えていただき、本当に勉強になりました。
王さんが「子どもの頃から、しっかりと基本を練習することが大事」と
アドバイスしてくださったことが、とても印象的でした。
日本を代表するバッター、イチロー選手も松井秀喜選手も、そしてもちろん
王さんご自身も、小さな頃から黙々とバットを振ってこられた。
これを聞いて僕は、さっそく「庭にバッティングケージを作ろう!」と決心
したのです(単純&親バカ?な僕……笑)。
息子も今回のWBCを観て、さらなる野球熱に目覚めたようですので。
監督という立場は退かれましたが、野球を心から愛する王さんの温かい
大きなお人柄に触れ、貴重なお言葉をたくさんいただき、かけがえのない
素晴らしい時間を過ごすことができました。
本当に、どうもありがとうございました。

そして、今回のWBC日本代表監督、大学の先輩でもある原監督にも、
お目にかかることができました。
超ご多忙の中にもかかわらず、お時間を作ってくださり、たくさん激励の
言葉をいただきました。
日の丸を背負う戦いの真っ只中、想像以上に重責を担う大変な状況に
違いないのに、とにかく僕を心配してくださり、励ましていただきました。
一言ひとことが心に沁みました。
本当に、どうもありがとうございました。
そして改めて、世界一おめでとうございます!

3ヶ月ほどブログをご無沙汰してしまい、すみませんでした。
更新していない間にも、たくさんのコメントをいただき、感謝しています。
皆さんのご声援を支えに、僕はリハビリ頑張っています。
待たせてばかりで心苦しいですが、もう少し待っていてください。
必ずマウンドに戻ります!

プロフィール

【本名】 大塚晶則(おおつか・あきのり)

【生年月日】 1972年1月13日
【身長・体重】 182cm・90kg
【投打】 右投右打
【出身地】 千葉県
【出身校及び球歴】
横芝敬愛高~東海大~日本通運
97年ドラフト2位で近鉄バファローズ
現オリックス・バファローズ)
98年最優秀救援投手・セーブ王(35)
00年~02年 3年連続20セーブ以上
02年中日ドラゴンズ移籍
04年サンディエゴパドレス移籍・ホールド王
05年テキサスレンジャーズ移籍

メディア出演&とコラム情報

【コラム連載】

line-s

【雑誌インタビュー】

line-s

【TV出演】

line-s

【イベント出演、その他】

カレンダー

2013年08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

モバイル

ケータイでもブログをご覧いただけます。

大塚晶則YOSSHAA!! Blog QRコード

ケータイにURLを送信