« 手術します。 | メイン | 強力なアドバイス »

HAPPY VALENTINE’S DAY

line

ご無沙汰しています。
無事に手術も終わり、リハビリを始めています。
ご心配をおかけしましたが、元気に過ごしていますので安心してください。
皆さんからたくさん励ましのメッセージをいただいて、本当に心強かったです。
どうもありがとうございました。

手術から約5週間が経過しました。
最初の3週間は、右肘を「ブレイス」というサポーターのようなものでずっと固定
していて、動かさないように、大事に慎重に過ごしました。
今日から、少しずつ肘の曲げ伸ばしを始めています。
長く固定していた箇所を動かすのは、けっこう痛いのですが、その痛みですら、
「あぁ、治ってきたんだなぁ…」
と感じて、痛気持ちいいというか、やけに嬉しいんです。
いたたた、と言いながら笑顔になったりして(笑)。
右手でキーボードも触れるようになったので、まずは皆さんにご報告を!と思い、
「ヨッシャー更新」しています。

2月初旬からリハビリのためにアリゾナに入りました。
アパートを借りて、またまた単身赴任生活を再開。
今回は、これも自分自身のための経験だと思い、賃貸契約からライフラインの
申し込み、電話・ケーブルTVの設置手続き等、色々な生活の準備をひととおり、
ひとりでやってみました。
いやー、おかげさまで、かなり英語が上達しましたよ。
それと、「栄養満点の美味しいスムージーの作り方」に磨きがかかりました(笑)。

こんな感じで、復活に向けて一歩一歩、ひとつひとつの経験を
“マウンド復帰のための新しいスタート”
と新鮮な気持ちで捉え、楽しみながら僕なりのSpring Trainingを過ごしています。

今後、しばらくは「ヨッシャーブログ・リハビリ編」をお届けしたいと思っています。
これからも、応援よろしくお願いいたします。
あ、皆さん、素敵なバレンタイン・デーを!

コメントを書く

コメント

大塚さんのヨッシャーを楽しみにしています!

明るいコメントが見れてとても嬉しいです。復活を信じて気長に待ってます!

まいど~! お久しぶりです・・・。
お元気そうで何よりです。
リハビリはアリゾナからですか?
昨年のアリゾナ訪問の旅を思い出します。
もうあれから1年たつんやと思う今日この頃です!
また、新しい「Spring Training報告」を楽しみに待っていますね。

ご無沙汰してます。
大塚さんの元気なコメントが聞けて嬉しいです♪
術後の経過が気になってましたが、もうバッチリですね☆
今年こそアメリカに見に行きたい!!
じっくり治して、マウンドでまたYosshaa!!!を轟かせてください!
待ってます!!!!!

リハビリ順調そうでよかったです。

「ブログ更新してくださ~い」と書いてしまってから、「そういえば右手……」とハタと気づきました。頑張って更新してくださって、ありがとうございます!

ところでバレンタイン・デーはいかがでした?

大塚さん、お久し振りでございます。
リハビリ中に『ブログ』の更新、本当に、本当に有難うございます。
サポーターが取れて、すぐに更新して下さる大塚さん…相変わらずお優しいですね。
だ・か・ら~!!大塚さんのファンをやめられないのです!!
やめるつもりもありませんが…。(笑)
ずっと、ず~っと!大塚さんが頑張られる限り!ファンであり続けます!!

手術から…1ヶ月が経過したのですね。
大塚さんから「手術します。」という、告白をされた時は、正直…ビックリ!?しました!!
大塚さん、どうなるんだろう…??と、弱気な私は、不安なことばかりが、頭を過ぎりましたが(汗)、大塚さんの力強いコメントに、私の方が、元気付けられました!

リハビリに、単身赴任に、大変なことも、大変だと思わず、前向きに楽しんで臨もうとする大塚さん、やっぱり凄い方だなぁ…。と、再認識させられます。
私も、大塚さんの姿勢…見習いたいものです。
大塚さんが、一歩一歩、復活に向けて歩まれるように、私も進歩していきたいです!
(自分の決意表明を書き込んでしまって、申し訳ないです。大塚さんの『コメント』本当に勉強になるものですから…。)

日本はまだまだ寒いですが、アリゾナは、大塚さんの『コメント』同様!暖かいところなのでしょうね。

今日は、大塚さんのお陰で、素晴らしいバレンタイン・デーを、過ごすことが出来ました。
有難うございます。
大塚さん、モテモテでいらっしゃるので、チョコレート食べ切れない程!昔も今も、もらっていらっしゃるんでしょうね!!
チョコレートを届けることが、出来ませんので…

『大塚さん、大好きです!!』

バレンタイン・デーなので、お許し下さい。(汗)

それでは、お身体に気を付けて、焦ることなく!ゆっくり、じっくり、しっかりと、『黄金の右肘』のリハビリ、頑張って下さいね!
「ヨッシャーブログ・リハビリ編」の更新は、無理なさらない程度で…。
いつでも、どんなときでも、大好きな大塚さんのこと…応援しています!!

ヨッシャー復活☆待ってました!

大塚さんと一日違いのオペだったので、腫れや傷具合(カサブタ取れた頃)を想像してます♪ふふ

野球に関しては、何の心配もしてません(笑)
だって大塚さんなら、なんとかなりそうだもん。
いつもそう思ってます。

リハ辛いけど頑張ってください。

大塚さん ハッピーバレンタインです!!(アメリカはまだ14日ですよね?)ブログ更新ありがとうございます。
もう、跳び上がるくらい(年甲斐もなく)うれしいです。スポーツ医学が発達し手術も安全性は非常に高い、頑健な人だから大丈夫と思っておりましたが、大塚さんの手術が無事に終わったという一言を目にするまでは、少し心配していました。手術の成功が一番のヨッシャーですね。
右腕のパートナーさんも久しぶりの開放感に酔いしれているって感じです。
文面から明るさが伝わってきます。アリゾナは冬でも暖かくリハビリ施設も充実していていいところですね。単身赴任とは驚きましたが。
英語もペラペラの日本人メジャーリーガーなんて、鬼に金棒ではないですか!!

最近手元にある「週ベ」の大塚さんの連載を読んでいました。パドレス時代、レンジャーズの時・・・。レンジャーズでも本当にチームメイトによくしてもらっていましたね。初めてのチームの飛行機に乗った時、ミルウッドさんご指名で隣の席に座り、それ以来そこが指定席になった、というのは、いい話だなと思いました。エースの横に座るリリーフエースだと最初から認めてもらったような感じがして。
C.Jも以前肘の故障で1年以上も投げられなかったことがあったそうですね。メジャーの実績が全くないうちに大きな故障をするというのも、先が見えなくてつらいことだと思いました。(大塚さんも社会人時代にそういう気持ちを味わっていると思います)C.Jが若いのに日本の武士道に興味を持つなど、精神力を鍛え忍耐力を培うようなことを重視するのは、そういう経験を乗り越えたからかも知れませんね。好奇心旺盛でいいと思ったことはどんどん取り入れていく、大塚さんと気があったのがよくわかりました。時々前衛的小説を書いているそうです。作品の題名は「私の次の人生への教示書」(何やら難しそう)で肘の手術を受けたマイナーの投手が主人公だということです。自伝的小説でしょうか?
大塚さんも腕が治ったら負けずに執筆活動頑張ってください。(大塚さんはすでに立派な随筆家だと思うのですが)

テシェイラさん、ウィルカーソンさん(マリナーズに入りました)ロフトンさん(レッズという噂?)とは、大塚さんが回復すればまた一緒にプレイする可能性もありますね。移籍が頻繁なメジャーだから、レンジャーズの仲間ともどこかの球団でチームメイトになることはあります。その時に「Aki、更にパワーアップしたじゃないか!!」と言われることを目標に、リハビリ頑張ってください。
(うれしくてまた文が長くなってしまった・・・申し訳ございません)

バレンタインでは、夫と子供の男性陣にチョコレートをあげました。大塚さんに実物はさしあげられませんが、「気持ち」をプレゼントいたします。
スムージーの作り方興味があるので、またの機会に載せてくださいね。
それでは、お元気でお過ごしください。

大塚さん、回復順調そうですね。早い復帰お待ちしてます。夏には、復帰可能ですか?それとも、来年新しい環境でのスタートですか?楽しみにしてます。先日、大阪ドームに行きました。周りの建物がなくなり、新しい私鉄の駅ができるみたいで、環境の変化にびっくりしました。大塚さんが活躍されてた、あの頃を懐かしく思います。ところで、クニさんは、いかがお過ごしですか?情報を次回掲載していただければ嬉しいです。また、次回のブログ楽しみにしてます。

やっと近況がわかりほっとしました。早くマウンドで投げる姿を観戦させてください、先輩のおかげで息子が大変一生懸命に野球に打ち込んだ2年4ヶ月でした、なかなか厳しい渡辺監督でも毎日20キロ以上道のりを頑張って通ってくれた事は私よりも自分にとって大変な自信になったようです。最後に毎年顔を出してくれたおかげで先輩と撮った写真とサインは我が家の宝物です。早く我が家の自慢の種となってください。マウンドでの活躍を楽しみに待っています。横敬父兄より

Happy Valentine's Day (^◇^)/

時差のお陰でまだ間に合いますね。よかった。
大変な状況の中での更新ありがとうございます。
文章の中のakiさんの情熱が心にじわじわ沁みてきます。
お返しにこちらからもっとパワーを送らないといけませんね!
リハビリくじけずに頑張ってください。ずっと応援していますから

はじめてコメントします。右手の手術とのことで、更新は当分ないと思っていたので早くてびっくり。
痛みもうれしい、新規賃貸も楽しむ。大塚さんアナタはエラい!!!でもポジティブがアキさんのイメージだから当たり前に思うのをゆるして。
しんどいことも多いでしょうが、トレードで不安なときにWBC日本チームのために駆けつけてくれた大塚さんに幸運が訪れないはずはないです。
これからもアップ楽しみにしています。

手術成功、経過も順調そうでよかったです。HAPPYって言葉を見るだけで、こちらの心もふわふわと暖かくなりますよね。以前もHAPPYヨッシャというタイトルがありました。
ご自分を単身の状況に追い込んでのリハビリ。立派だと思います。その生活を楽しんでいらっしゃるようだからいいですね。
大塚さんて、「有言実行」の人だと思っています。WBCの始まる前に「ペトコパークで投げている姿をファンや球団関係者に見てもらいたい」という大塚さんの言葉を見ました。すると本当にそれは現実のものとなりました。荒川静香さんがオリンピックの前の年に、メダリストがそこで称えられるというトリノの広場を見たときに「金メダルをとってここにきてやるか!!」とおっしゃったのです。それも実現されました。
大塚さんの普段の謙虚な姿勢大好きです。そして、ここは譲れない、これは実現する、と決めたことは、はっきりと口に出されますよね。「有言実行」の人だから、大塚さんが治る、マウンドに戻る、と言えば絶対そうなるのです。これからも応援いたします。
リハビリ大変でしょうが、がんばってください。

アキさん、
ご無沙汰してます。手術後の経過が順調のようでほっとしています。ダラスの子供たち&父母はアキさんが残してくれた、ふれあいの時間を忘れません!子供も大人もズッーっとアキさんのメッセージが刺繍された40番CAPを大切にします。復活の時、僕らは必ず球場にいきます。それがナリーグであっても、ヒューストンまで皆で遠征します。

ブログ更新ありがとうございます。そして、元気にアリゾナでのリハビリ
始められたということ、本当によかったですね。

アリゾナの風景のように明るい大塚さんの様子が伝わってきます。アリゾナ
(おそらくチャンドラー)では、ホークスの小久保選手(近鉄時代は天敵?
対戦しないから書いてもいいですか?)斉藤和巳投手がリハビリ合宿して
います。フェニックスとかどこかで会いそうですね。大塚さんのアパートの
周りには日本食が食べられるところはありますか?小久保さんは料理の腕を
あげてクニさん状態になっているようですよ。去年の秋には和田毅投手も
合流して、近くのアダム家に訪問、坊やたちと遊んだそうです。
3週間「ブレイス」で固定、2週間はお引越し、手続き等、大変でしたね。
最近は選手でブログを書く人が多いから、手術後の近況がわかって嬉しい
です。
斉藤さんは肩だったので、大塚さんとは術前の処置も違うと思いますが、
読んでみて大爆笑(ここではとても書けません・・・)
また日ハムの江尻慎太郎投手は左手首の腱で右肘の靭帯を代用するという
手術で、ブログに「かつてない人事異動で「左手首の腱」さん重要ポストに
大抜擢」と表現されてました。
「おっ…おれが…右肘に…('0')/」(あまりにこの絵文字がかわいかったので
お借りしました)
コメント欄も「人事異動成功おめでとう」のオンパレードで、ほのぼのして
ました。
笑っていたほうが、患部の回復が早くなるかも知れませんね。
大塚さんの右腕さんも、元気いっぱいのようでよかったです!!
「痛気持ちいい」というフレーズも、ツボにはまっていて流行そうですね。

「ヨッシャーブログ・リハビリ編」今後も大変楽しみにしています。

アリゾナに行っちゃったんですねぇ。このオフもSDでAkiさんを発見できず、残念でした~。いろいろ目撃情報、聞いてたんですけどねぇ(笑)。でも、いよいよリハビリ本格化!ってことですね。頑張ってください!!!
私も、帝王切開からのリハビリ生活中(!?)です。体にメスが入るって、大変なことなんだなぁと実感しています。
今年もSpring Trainingの季節がやってきましたね。去年のサプライズ・ピオリア旅行、とってもいい思い出になっていますよ~。さすがに今年は行けませんが、あの辺りでリハビリ頑張ってるんだなぁと、東の空を眺めながら応援させていただきますねー。頑張ってください!!!

>「栄養満点の美味しいスムージーの作り方」
バナナ、キウィフルーツ、マンゴー、ヨーグルト…などなど入っていそうな(美味しそ!)
レシピ、教えてください(^^;

アリゾナに居てるとは!み~んな居てるじゃないですか!
Akiさんのことです。
多くの人から「はろ~(^O^)/」って声掛けられてるんでしょうね!

ところで右肘だと、お食事するの大変じゃないですか?
左でもお箸が使えるようにガンバル方もいますけど、Akiさんはいかがですか?

Get well soon. Go Aki!!

大塚選手!
更新楽しみに待ってました!
いつも前向きで頑張ってる大塚選手、ほんとこちらまでも元気がでます!
無理せず、焦らず、毎日明るく楽しんでリハビリ頑張って下さい!!
応援してます。

じっくりとリハビリにご専念してくださいね!!
男 大塚の復活祈る!!!

お元気そうですね。リハビリ開始されたそうで、順調なのでとてもうれしいです。
大塚さんを執刀してくださったお医者様、本当に最高の仕事をしてください
ました。ありがとうございます。
去年は、野球の神様、いったい何をするの?と思いました。故障や怪我が
ないにこしたことはありません。でも、長く選手をやっていれば波風がない
人の方が少ないと思います。偉大な記録を持つホフマン師匠でも、故障に
泣いたシーズンもありました。
大塚さんは、波風を乗り越えるたびに強くなっていくと思います。平坦な
道よりも険しい道を登って到達した山の頂上のほうが景色は素晴らしく
見える筈です。
大変なことを大変と思わずむしろ楽しむくらいの余裕がある大塚さん。
見習いたいと思います。
これからリハビリ頑張られると思いますが、お医者様の言うことをよく
聞いて無理なさらないように大事に進めてくださいね。
(何だか母親口調になってしまいました)
次のリハビリ編のご報告、負担にならない程度にお待ちしています。

大塚さん 手術無事終わって、順調な回復、ほんとによかったです。
もう肘の曲げ伸ばしが出来るんですね。確実に前進していると思います。

最近二人の人に大塚さんの「約束のマウンド」紹介しました。
一人は高校の時によく一緒にプロ野球を見に行っていた友人。
十数年ぶりに再会した彼女は、仕事時間の関係でMLB中継はあまり見られないので、それほどよく知らないと言っていました。
それでMLB好きに教育するため(笑)大塚さんの本を貸しました。
アンチ巨人なので中日時代の大塚さんの活躍を思い出してくれているかも知れません。
もう一人は熱烈なレッドソックスファンの方。去年のBS中継で大塚さんがレッドソックスファンだとわかり、ロッカールームの雰囲気がいいとほめてくれたと感激していました。
MLBファンには絶対興味深いはず、と「約束のマウンド」をすすめたら、是非読んでみたいと言っていました。
そして彼女は、そういう本が英訳されて、日本人選手の考え方が現地の人に伝わるといいなと思ったそうです。私もそれは実現してほしいです。
ちょっと広報活動ですね(笑)

「ヨッシャーブログ・リハビリ編」・・・これは二冊目の本を書くなら最初のほうの章の名前に取り入れられそう、と思いました。
スポ根ものでも、アドベンチャーものでも、ストーリーは必ずハッピーエンドになりますね。(アメリカ映画などは特に)
どんなに命の危険のさらされようと、主人公が命を失うということはあり得ません。
だから、大塚さんが困難を乗り越えてメジャーに復活、そして大活躍という流れの二冊目是非期待しています。(気が早いですが)

右手が動かせるようになってよかったです。一人暮らしということで何でもご自分でなさらないといけないと思います。でも荷物を持つなど、左手にまかせてくれぐれも無理なさらないようにしてください。


Akiさんこんにちは!!

手術後の経過が良くて何よりです。
でもリハビリもブログも焦らずに自分のペースで行なってくださいね。
今年も勿論応援しますよ!!

今年も応援できる喜びを感じてます。
頑張れAki!!

あう…バレンタイン、出遅れましたorz
ま、まあ、白砂糖は痛みを増すといいますから、
反って送り損ねたのを良しとしましょう><

更新ありがとうございます!きっと、肘を固定
されていて、ドクターストップが出ていらっしゃる
んだろうなあと思っていました。でも真っ先に
更新して下さって嬉しいです。

そして!アメリカでお引越しお一人で出来ちゃうなんて
す、すごいです…。大塚さんを見習って英語本当に
本当に頑張らないとっ>< (←そればっか

 ではでは、日本から右ひじ良くなーれの念を
送りまして、チョコレートに替えさせて頂きます。

更新ご無理なさらず!

アワビ貝殻の西村です。私のHPはすべて医師会の圧力かネットで検索できない状態です。だから、メールを送ります。 中目の鉄鋼用ヤスリでアワビ貝殻の粉末をつくり、空腹時に 0.25g /80-90kg BW/一回/毎日の服用で身体の再生機能が復活します。 腎臓を戻すだけでDNAによる全身の血行障害が戻り、DNAが今度は再生機能を操って、慢性の障害と病気が再生されます。長期の故障は病気、つまり、DNAによる血行障害です。

2008/02/10 更新 tosi hp 10
Dr. Jekyll と Mr. Hyde ように

創造 と 破壊 の DNA

By.....西 村  利 治

「 真珠層 で 遺伝子病 治療する方法 」

.....私のこのHPは異端な内容 ですが、 医学を生物学で観察するとこんな異端な推測になりました。 現代医学の各専門分野で素晴らしい研究が進んでいるのも認めていますが、 意見したいこともありこのHPを書きました。 私は読んでもらって、 内因性病気 について考えてくださることを祈ります。 宜しく御願い致します。

.....内因性の病気や障害と言うのは、 発生原因が外部からの影響を受けていない病気や障害のすべてを指します。 伝染病、怪我、事故などの外的要因による、 外因性の病気や障害と理解し易いのです。 しかし、 原因が内因性の病気や障害も、 患者の体格、生活、労働条件、食習慣などが原因と考えられている内因性の病気や障害が無数にあります。 人体は医者や患者が考えているような軟弱な肉体ではありません。 都会で普通の生活を送っている患者が人体の極限など超えることはありません。 スポーツ選手には事故は多いでしょうが、 人体の極限を超えることは稀でしょう。 現代人は昔の人間の様に身体を酷使していません。 冷静に自分の病気や障害を分析すれば、 外因性と決め付ける事が出来ない要因が浮かんでくるでしょう。 現代人は食糧事情が豊かで口から肛門までの管の病気は多いようですが、 他の身体の部分は内因性の病気や障害を疑ってください。


.....私は現代医学で良く言われる 生活習慣病 や メタボリック症候群 を信じていません。 私はこれらを医療関係者の「 捏造 」と考えています。 なぜなら、 あまりにも、 非科学的なためです。 内因性の病気や障害は現代医学では治療できません。 それゆえ、 医学会は考えました。 それらの内因性の病気や障害で、 成人に多い病気や障害は、 成人病 と呼び。 老人に多い病気や障害は 老人病 と呼び。 医療機関の治療で効果もなく、 進行性の高い病気や障害を、 彼等は 生活習慣病 と呼んでいます。 それにより病気を治療できない責任を患者に転化し預けています。 生活習慣病やメタボリック症候群に分類される病気や障害は、 一般社会で良く耳にするものですが、  発生頻度の非常に少ない内因性の病気や障害は、 原因不明の難病 としています。 それゆえ内因性の病気や障害で治療のできる病気や障害は皆無です。

.....なぜ生活習慣病やメタボリック症候群を一般社会に受け入れられいるのかを考えると。 それは 宗教概念 にも近いような人類が考える 美徳 と思われる概念が。 たとえば、 健康的なスポーツで身体を維持する。 規則正しい生活で。 精神的に安定した生活で。 健康を考慮した食事で。 身体を酷使しない労働やスポーツを行うなど。 教育の普及に伴う先進諸国の美徳の概念 に賛同されているためでしょう。

.....現代の医療に疑問はありませんか。 心筋梗塞 を考えてください。 原因は、 コレステロール過多ですか。 心臓にも毛細血管が無数にあるのに、 何故、 一番太い冠動脈がつまるのですか。 カテーテル手術 で血栓が取り除けますが、 短期に冠動脈の同一部位がつまる のはなぜですか。 高度なカテーテル手術ができるのに、 最終的に バイパス手術 をするのはなぜですか。 そして、 脳や心臓病の患者は 死ぬまで薬を服用するのはなぜですか。 原因不明のために、 現状維持のために、 暗中模索しているだけでしょう。

.....生活習慣病と言う言葉に疑問はありませんか? 血液がドロドロだと、心筋梗塞、脳梗塞になり易いと信じれますか? 毛細血管が身体中にあるのに、太い血管が先に詰まるのはおかしでしょう。 中年女性の足に多い静脈瘤も、心筋梗塞や脳梗塞と同じ血栓ですが、 静脈瘤もやはり生活習慣病ですか。 静脈瘤が生活習慣病なら、 非常に多くの女性が非常に危険な状態で生活していることになりませんか。 彼女達の身体中の太い血管に血栓が発生するのですか。 中年女性の足以外にに静脈瘤のコブなど見ませんが。

.....新しく" メタボリックシンドローム "と言う新造語も出来ました。 医師と患者と一般の人々の為に広く世間に周知されている生活習慣病という概念に、 更に賛同を得る為に造られた造語です。 この概念は病気を治せない医師には精神の安定を与えるでしょう。 病気を治して貰えない患者や一般人には、 更なる医師会への同意を得る為に考えられた造語です。 この造語は医師会が内因性の病気に対して、 「 ギブアップ宣言 」をしたくない為に考えられた捏造と思えませんか。 メタボリックシンドロームの意味を単純に考えれば、 「 栄養過多が病気をつくっています。」という事と思います。 途上国や最貧国の栄養不足の人民には、 先進国で生活習慣病といういろいろな病気は発生しないのですか。 そんなレポートは存在するのですか。  メタボリックシンドロームの概念は、 痩せている人間に心臓病、脳梗塞、関節炎などの心配は不必要で、 長寿を約束することが出来るのですか。 痩せている人々に医学協会が約束出来ないのなら、 この概念は成立しないのでは?

.....私が小学生低学年の頃。 近所の寺の絵本の話で。盲人の団体が、はじめて出会うインド象を手探りで調べた話でした。 ひとりひとりの盲人は自分の手の届く範囲で、 象の身体を想像しました。 しかし、 盲人達はひとりひとりいろいろな象を想像しました。 この話は現代医学の問題に似ていると思います。  人間は卵子と精子が受精して卵分割で出来た簡単な身体がひとつしかないのに、 医者は多くの専門に分かれて人体を部分で診断している。 現代医学の盲点もこれと同じではないですか。 私は真珠層服用の治療効果から、 内因性の病気や障害を私なりに考えました。 その結果をこのHPを書いています。

#.....創造 と DNA

.....人間の身体は、 遺伝 により、 個性的な外観と非常に複雑な構造につくられています。  そして、 怪我や病気にたいしても、 素晴らしい 防疫機能 と 再生機能 も備えています。 人体は完璧と言えるほどの頼り甲斐のある身体に創造されています。 この複雑な人体をつくったのは、  遺伝子というDNAの指示で、 血行組織 がつくりあげたものです。

.....すべてのはじまりは、 卵子と精子の受精からはじまり、 卵分割により細胞や血液、 そして、 微細な一本の血管を造りはじめ、 その血管にポンプ役の 心臓 をつくり、 その血管を太く、 長く改造し、 老廃物の濾過役に 腎臓 をつくり、 組織の拡大と循環をはかり、 血管全体を枝葉のように増やしながら、 大きな血行組織を造り、 複雑極まりない素晴らしい人体をつくりあげたのです。

.....パソコンの立体映像で、 あなたにとって掛替えのない 眼球 を単体で見ていると想像してください。 こんな特殊で、 かつ高度な精度が必要な人体の重要なパーツを創造したのは、 眼球のまわりに見え隠れする 糸ミミズ のように見える末端の血行組織が造りあげたのです。 髪の毛一本一本、 爪のひとつひとつまで。  DNAが遺伝プログラムに従い、 血行組織を駆使して創造したものです。 ナノ単位の技術精度で創造している ものと思われます。 血行組織は身体の隅々で見事な役割を果たしています。 この糸ミミズのような末端の血管に 梗塞、 狭窄、 破裂 などの異常が発生すれば、 どのような結果を招くか想像してもらえませんか。 いろいろな想像が浮かんでくると思います。 それらは身体の隅々にいろいろな症状を作ります。 あなたもいろいろ想像出来ましたか。 心筋梗塞、脳溢血、糖尿病、その他。 非常に多くの症状があります。

#.....破壊 と DNA

.....私は人体創造の逆の、 人体の破壊も、 DNAが破壊の遺伝プログラムを有するなら、 人体創造のときのように、 血行組織を駆使すれば、  人体に千差万別な破壊の症状をつくることは、 簡単なことと想像できます。  成人病や老人病などといわれる多くの病気が、 家族性の傾向がおおく見られること。 長寿な家系も、その逆の短命な家系も、 糖尿病や心筋梗塞の多い家系。 血液検査で孫や曾孫も同じ病気傾向にあることを調べることが出来ます。 これらのことを考えれば、 人間の生命は、 誕生から成長、 そして、 死亡までDNAの遺伝プログラムに管理されていると考えるのが生物学的に無理がないと思えるのです。  あなたは思えませんか。

.....それで、私はDNAには遺伝子の遺伝プログラムによって 5個 の仕事があると思います。 それらは、 身体の創造、身体の維持、身体の再生、身体の破壊、破壊の維持です。 DNAには破壊プログラムがあるならば、我々は我々の体に自己崩壊する方法を探さなければなりません。 その 破壊システム を考えると、 DNAは血行組織を利用して活動しているのですが、 人体の創造の活動時は、 血管を造り、 血液を送って、 体組織を創造していた活動の逆、 体組織の破壊は、 血流を停止する活動 だと考えるのが順当ではないでしょうか。

.....血液循環システムで、心臓と腎臓は、重要な部分を持ちます。 心臓は、血を送っているポンプで生命維持に不可欠な臓器です。 生命維持の為に一定の圧力の血流を維持している為、 遺伝プログラムに対応できる繊細な活動をするには不向きです。 それでは、 腎臓 は遺伝プログラムに対応できるかと考えると、 腎臓は血中の不要な物質を体外に排泄する器官で、 心臓と同様に機能が停止すれば、 生命維持はできませんが、 心臓と違い部分的に機能の低下を図ることができれば、 遺伝プログラムに対応できます。 つまり、 小水の量的コントロールでも、 血液中の人体に不必要な物質や、必要な物質の選択および、それらの排泄率のコントロールでも多岐多様なDNAの活動を支えることができる と思います。

.....血液検査を考えてください。 血液検査で検査している血液は、 常時、 腎臓が高速で濾過し、 身体中を循環している血液であり、 検査で異常が察知される 成分( 指標 )と その濃度 は、 腎臓が濾過し、 血液の成分調整をおこなったさいに、 健康体 では体外に排泄されるべき成分です。 今度は 検尿を考えてください。 検尿は腎臓が濾過し排泄された小水を検査し、 検査で異常が察知される成分は 健康体 では体外に排泄されない成分と量なのです。 健康診断で血液検査と尿検査によって我々の身体は調べられますが、 血液検査は、腎臓の前のチェックです。 尿検査は、腎臓の後のチェックです。 血液検査と尿検査は明らかに、 腎臓の機能検査です。

.....腎機能のそのものの検査結果で医者は患者への処置を決めていますが、 患者の腎臓が悪いと考える医者はいません。 逆説も考えると、 患者の血液中の指標は悪くなった患部から発生する物質と仮定しても、 血液中のこの物質は、 健康な腎臓によって体外に排出されるのが常識ですが、 血液中に指標として存在しているのは、 腎臓機能の低下が原因でしょう。 また、 尿に異常が感知されるのも、 健康な腎臓では尿に出てはならない物質であって、 腎臓機能の低下が原因でしょう。 腎臓機能の低下に注目しないため、 患者の症状を誤魔化す薬品を処方しています。 私はその薬品の副作用によって腎機能を悪化させていると考えています。 私は、健康診断で見つけられた成分がDNAの破壊の指標であると思います。 そして、それらの指標は、 血液循環システムの血流の停止の原因です。 私は、それらの指標が人体の破壊である我々の体のいろいろな病気を作ると思います。

.....私は、 DNAが遺伝情報に従って、腎臓をつかい、 人体全体に血行不良を利用して多様な病気を発生させており、  人体各部の症状には、 特有の指標が血液中に存在し、 その指標が血液中に高濃度で存在しているかぎり、 血行不良は治療出来ず慢性化し、 また、 その指標が多くなるにつれて、 症状が悪化する ものと考えています。 それはその慢性疾患と障害と呼ばれています、 これらは遺伝情報に従うDNAによって作られました。 これらの病気は遺伝情報の変更や薬品の副作用で悪化しても、 医師会は生活習慣病と呼んでいます。

.....つまり、 慢性的な病気や障害と呼ばれるものは、 DNAが遺伝情報に従って、 腎臓組織を部分的に破壊し、 その破壊により、 ろ過されなくなった血液中の成分が、 役割をもった特別な指標となります。  その成分が身体の指定された部位に、 血行障害をおこし、 病気を発症させているのが、 内因性の病気です。 つまり、私は内因性の病気は 腎臓を治療する事が出来れば、 原因である血液中の指標は取り除くことが出来、 患部は血行が戻って、 再生機能により回復する と考えています。

.....DNAは Dr. Jekyll and Mr. Hyde (1886)のように両面の顔を持っています。 DNAは遺伝プログラムに従い、 我々の理解を超える完璧な身体を創造し、 その反面で、 遺伝プログラムに従い、 その身体に障害をもつくり維持しています。 そして、 その障害を修復できるのもDNAだけなのです。 DNAは身体の管理人です。

.....「 DNAは腎臓を破壊して、血中に指標をつくります、そして、その指標のコントロールで、 全身の内因性の病気や障害をコントロールしています。」 私のこの考えは、 一般社会には受け入れにくい考えなのでしょうか。 私の考えは医療関係者には簡単に理解されると思います。 なぜなら、 血中の指標が内因性の病気をつくるという 私の考えは、 治療薬の副作用による病気と同じ事です。  あなたは私の考えに賛同できませんか。  現代医学で医者は多くの治療薬を使用しています。 治療薬の副作用というものは、 治療の目的のために服用した薬品が、 治療目的に反して、 服用した患者の身体の特定部位に人工的に内因性の病気を発症させていると私は考えています。 病気のために定期的な服用によって維持される治療薬の血中濃度は、 まるで内因性障害のような副作用を作ります。

.....薬品の副作用で身体の特定部位に病気を発生することは、 広く周知されている事実です。 医療機関は、 内因性の病気に治療効果はない薬品を処方して、 患者の症状を管理しようとしています。 しかし、 医療機関が処方する薬品の多くに副作用があります。 それゆえ副作用の出にくい服用量の指導行っています。 痛み止めは我慢できない時に飲んでくださいと言いながら処方しています。 副作用を医師会が認めている例があります。 リウマチの痛み止めの薬に、 数値は日本医師会のTV番組( 読売TV )で見た記憶です。 彼らは、この鎮痛剤の副作用を説明していました。 服用60mg以上/一日ならば、 鎮痛剤は糖尿病を引き起こします。 そして、 服用90mg以上/一日ならば、 鎮痛剤は股関節の溶解を引き起こします。 それゆえ、 この鎮痛剤の服用量は30mg/一日以下になるようにと説明していました。 この鎮痛剤は一種類の薬で、 低濃度時( 60mg/一日)では生活習慣病の糖尿病を発生させ、 高濃度時( 90mg/一日)には見事に原因不明と言われる股関節の溶解を発生させます。  関節の病気のリウマチ患者に糖尿病と股関節溶解の危険がある薬品を処方しています。 しかし、 この危険な薬品の処方でリウマチ患者の痛みは大幅に軽減されたと強気に説明していました。 あなたは彼等に同意できますか? より高濃度( 120mg/一日)以上ではどんな副作用が発生するのでしょうか、 非常に興味があります。

.....この痛み止めは原因不明と言われる股関節の溶解を発症させます。 そして、 この痛み止めは生活習慣病と言われる糖尿病をも発症させます。 この2例の副作用の原因はひとつの痛み止めです。 この障害は原因不明でも生活習慣が原因でもありません。 この様に、 一種類の薬の副作用で全く異なる病気が発生する事実も、 血中の薬品濃度で副作用の病気が発生すると日本医師会がTV番組で認めています。 すべての国の医師会も、 痛風は尿酸の血中濃度が上がれば発症すると認めています。 医者は、健康診断(例えば肝機能、糖尿病、痛風、その他)によって、 指標の血中濃度の検査をした人々に、 疾患予防ガイダンスを行います。 しかし、 一人の医者も、 原因が腎機能の低下であると患者に言いません。 つまり、 病気患部の悪化によって血中の指標濃度が上がるのではなく、 血中の指標濃度の上昇が健康な身体に病気を発生させている。 この事実を認めているならば、 何故、 腎臓機能に問題があり、 病気が発症していると考えられないのか。  しかし理科の教科書には血液内の不必要な成分は腎臓が濾過しますと書かれています。 医師会が間違っているのですか、 教科書の方ですか。 血液の濾過器である腎臓の機能の低下が、 成人病、老人病、生活習慣病の原因であると医学界は認めてください。 そして医学界が腎臓の治療に専念しなければ、 いくら医療予算を増やしても、 病人は減りません。

.....現代医学において治療のできない病気が多く存在します。 しかし、 多数の試験でこれらの病気の多くがアワビ貝殻粉末( 真珠層 )服用によって治療が可能であることから、 私は 真珠層服用の効果を生物学的に単純で無理のない方法を考えました。

.....人体のいろいろな部位において、多くの慢性疾患があります。  それらの病気は、 DNAの命令による血液の循環不良によって起こります。 病気がそのような障害であるならば、 我々はいくらかの破壊の方法を想像することができます。

* すべての血行不良は微細な毛細血管の血行不良から始まります。*


1.......梗塞 Stoppage

.....最初に血管内面表面部の毛細血管の血行障害で生じた、 血管内面のリング状の傷ができます。 その傷に再生機能が反応し、 再生機能が血管内面の傷の上に、 修復前の時間稼ぎのコーテイングをおこないます。 しかし、 DNAによって患部の再生機能が働けない為に、 コーテイングが成長し塞栓になったものと思います。 梗塞の発生は発生した血管において、 梗塞部分より末端部分までは血流の停止を招きます。 長時間の血流の停止は周辺組織の壊死と消滅がおこります。 発生部位により短期に致命傷となります。

2......うっ血 Congestion

.....うっ血は、 末端の毛細血管の血行不良で、 血流の停滞が起こっています。 うっ血が大規模に発生すれば、 組織の肥大が起こります。 運動の必要な器官では、 運動能力の低下や停止の原因となります。 それは発生場所によって致命傷になります。

3.......狭窄 Stricture.

..... 狭窄とは管( パイプ )の内断面が狭くなった状態です。 管組織内部の毛細血管の末端にうっ血や異物の蓄積などで管の変形が発生し、 管の内径が狭くなった状態です。 血管で発生すれば血流の減少がおこり、 多くの障害をつくります。 血管以外の管でも流量の減少で機能障害や病気が発生します。

4.......崩壊 Collapse

.....崩壊は管壁内の毛細血管の血行障害です。 管壁が薄くなったり、弱体化や崩壊が起こる。 高血圧や過激な運動は崩壊を誘発します。 血圧の低い静脈や、 細い動脈での発生では、 瞬時に生命維持の危機になりませんが、 太い動脈での発生は、 瞬時に生命維持の危機になります。

5.......壊死 Necrosis

.....壊死は動脈の梗塞や崩壊などの血流停止により、 停止した箇所から動脈の末端までの細胞の死亡がおこる。 血流の停止箇所により、 血流停止の直接の障害や、 二次的な障害など様々な障害が生じる。

.....良く見聞きする主な病気も身体各部の血流組織に、梗塞、うっ血、狭窄、崩壊の様な異常が発生した状態で、 それらの病気を想像しました。

A.......糖尿病 Diabetes

.....すい臓内の血行不良によるインスリン製造組織の壊死。 その破壊の程度により、  糖尿病の予備軍、軽度の糖尿病、 重度の糖尿病などの程度の差が生じる。 発病と同時にインスリンの定期注入の必要な人が多くいることを考えれば、 糖尿病予備軍の症状の悪化は人為的悪化と考えます。 生活習慣ですか、 治療薬の副作用ですか?

.....骨髄内で発生すれば、白血病か? 脳内では、認知症? うつ病と突然の自殺?

B.......心筋梗塞 Myocardial infarction

.....心筋梗塞は冠動脈を構成している毛細血管の血行不良で、 それによる冠動脈内面の傷に血栓が出来ています。  血栓は身体のいろいろなところに発生しますが、 もし大きな動脈で発生すれば早期に生命の危機になります。

.....同じ原因の血栓症, 例えば静脈瘤形成、脳梗塞、エコノミー症候群。

C.......狭心症 Stenocardia

.....冠動脈を構成している血管壁内の毛細血管の血行不良、 それによる冠動脈壁の変形で狭窄が出来ています。

.....同じ原因で管の変形には、 気管支ぜんそく、 尿道狭窄( 膀胱炎の原因 )などがあります。

D.......拡張型心筋症 Expansion type cardiomyopathy

..... 心筋の毛細血管が血行不良により うっ血 をおこしている。 うっ血により心筋の運動機能が低下します。 慢性の片方の肩こりを伴います。 広範囲に発生すれば心臓停止になります。

.....同様に、盛り上がった筋肉の慢性の肩こり。 慢性の筋肉の張り、肉離れ など。

E.......血管の異常と出血 The abnormality of the blood vessel and bleeding

.....血管は血管壁の血行障害で血管壁の弱体化が起こります。 血圧の上昇で血管の膨張や破裂をまねく。 動脈瘤、 動脈瘤破裂、 くも膜下出血、 眼底出血 など。

F.......骨格、関節の不調 The sickness of the joint and frame

.....骨内部や関節部の血行不良による組織破壊。 消失、炎症、うっ血、変形などをおこしている。  短期に生命の危機はないが、 生活に影響する運動機能の低下や痛みや痺れが続く。 痛風は早期に治さないと腎臓の機能障害を早期に招く恐れがあります。 痛風の悪化で透析治療の必要な身体になってしまいます。

.....脊柱の変形、 手足のしびれ、 頚椎の癒着、 痛風、 椎間板ヘルニア、 五十肩、 関節炎、 骨粗しょう症など。

G.......慢性的な肩こりは異常 Chronic stiff shoulder is abnormal.

.....肩こりとは平生と違う仕事をした、 あるいは、 いつもより仕事の量が多かったなどで、 数日間だけ肩がこるのが普通のことです。 常時、 肩がこっているのは異常なことです。 慢性の肩こりも血流の不足で発生します。 うっ血や神経の圧迫により、 肩の筋肉の動きが悪い、 そのため日常の生活で異常な肩こりがつづきます。 しかし、肩こりには3種類のタイプの肩こりがあります。 第1のタイプは、 肩の筋肉内のうっ血が原因でかたく盛り上がる肩こり。 この盛り上がった筋肉はマッサージのために肩を叩くと痛があります。 そしてマッサージのあと「 揉み起こしの症状 」をおこします。 うっ血部分がマッサージにより破壊され、 血流に大量の老廃物が流れ込むため、 全身に疲労感を感じます。 疲労感は腎臓が老廃物の処理が終えるまで続きます。 第2のタイプは、 心臓病で腫れた心臓による神経の圧迫が原因で起こります。 このタイプは左右どちらかの片方の肩こりと 肩こりのある方の背中の痛みも伴なうことが多い。 梗塞や狭窄やうっ血が心臓の腫れを発生させ、 その心臓の腫れが神経組織を圧迫することにより、 慢性の肩こりの原因となります。 第3のタイプは、 頚骨の癒着による、 神経の圧迫で肩こりが発生し、 慢性の肩こりの原因になっています。  悪化すると、肩、腕、手足の痺れの原因となります。 痺れの程度は頚骨の癒着の程度に左右されますが、 最悪の場合全身が痺れ、 動けなくなります。 私は慢性の肩こりに3種のタイプがあると書きましたが、 この3タイプの慢性の肩こりが一人の肩に、 同時に発生していることも多々あるようです。

.....些細な血行障害であっても、 その発生部位によって、 死亡原因になります、 あるいは自覚症状もない障害であったり、 まさに千差万別の障害が発生するようです。 そして太い動脈に血行障害が発生すると、 急速に生命維持が困難な状態になります。 すい臓において、 末端のインシュリン製造組織の、 細い血管に血行障害が発生しても、 毎日の生活に支障はなく。 同様に細い血管の血行障害でも、 腰椎に椎間板ヘルニアを発生させれば、 歩行困難な状態になります。 また、 太い血管の血行障害も、 この血管を構成している毛細血管の血行障害によるものです。 それらが血栓、狭窄、血管の破裂などを発生させている様です。

.....糖尿病 を考えてください。 血行組織による、 インシュリンの製造組織の破壊が原因だと考えると、 白血病も同類の発症原因だろうと思えませんか。 つまり、 白血病とは血行障害で、 赤血球の製造組織が破壊されて、 血中の赤血球濃度が低下し、 反比例して、 血中の白血球濃度が増加します。 それでこの破壊は白血病を発症します。 日本の「 出物、腫れ物、所嫌わず。」の諺の様に。 脳内、結腸内、眼球内、三半規管内、腱内、骨内、筋肉内、関節内、内臓内のほか、 いろんな部位で血行不良がおこれば、 どんな病気になるか考えてください。 良く耳にする病名が想像出来ると思います。 認知症は。 筋萎縮は。 いままでに見聞きした病気を血行不良によってつくれませんか。  血行組織は全身で太い血管から細い血管まで、 自在に血行不良をおこせます。


DNA は、あなた の 意思 や 夢 や 希望 や 予定 に反して。


.....遺伝プログラムによる症状の差に大きな違いがあると書きました。 遺伝プログラムは指標で症状を管理している為、 それを指標の面から考えると。 指標濃度が、濃い場合は症状は顕著に表れます。 病気によっては短期に生命の危機となります。 薄い場合は。 その濃度によって非常に薄ければ、 短期に自然治癒のように、 症状が消えたりします。 少し濃くなれば、 軽い症状が続きます。 濃くなるにつれて、症状が顕著になっています。 そのため多くの慢性病において、 血液中の指標濃度の薄い症状が、 生活習慣病と呼ばれているようです。 本人の生活習慣が悪い為に病気を発生し、 生活習慣が病気を悪化させていると考えられています。 そして、 遺伝プログラムによって、 指標濃度が突発的に非常に濃い状態で発病する特殊な病状、 このような突発的な危険な症状は原因不明と言われています。 その原因ついて、 医者は患者と患者の家族にこの2-3週間の生活に何か変化がなかったか考えてもらうのでしょう。

.....患者に責任を転嫁しているのが医療の現状です。 病気の症状の現状維持ができている患者は遺伝プログラムによる指標の濃度が低く安定しているだけで、 病状は遺伝プログラムしだいとは考えられませんか。 糖尿病と診断された患者でも症状の変化は人それぞれです。 内因性の病気はその多くが成人病や老人病とよばれているものですが、 原因はDNA( 遺伝子 )によるものです。  身体の各部にいろんな症状があらわれますがそれらの症状は医療機関で治療できません。 なぜなら、DNAによって患部の血流をコントロールされているため、 患部に直接治療をおこなっても治療できません。 原因となる指標を血液中から取り除かない限り、 患部の血流の復活はできません。 それゆえ、 人体の再生能力も機能出来ません。 再生機能が働かなければ、 薬品の投与も手術も無駄になり、 患部は元に戻りません。

..... つまり、 医療機関による内因性の病気の治療は、 効果がない処置をしているため治療できません。 専門分野に分かれて考えず、 全分野で血液中の指標を取り除く処置による効果を検証してください。 DNAによる慢性的な病気や障害が解決すれば。 慢性病の患者の薬漬けや。 致死量の明記された毒薬の使用も。 薬品の副作用で患者の身体を痛めつける事も。 内因性の病気に不必要な手術をしない。 それにより医療現場の大幅な改善と進歩が期待できます。 医療現場の改善は患者だけでなく、 国庫の負担も少なくなり、 我々の税金も少なくなります。


* アワビ貝殻粉は、 薬品ではありません!*


* DNAの新たな破壊を予防することはできません!*


* アワビ貝殻粉は、 癌 には効果がありません!*

....真珠層の服用を続けていても、 新しい遺伝プログラムによる障害がおこります。 真珠層は薬品ではなく、 腎臓の必須栄養素 です。 新しい遺伝プログラムの予防は出来ません。 しかし、 服用をつづけているあいだの発症は症状が軽く、 治りも早いようです。

....真珠層が癌に効果がないと書きましたが、 癌も遺伝プログラムによって発病する内因性の病気と思います。 しかし、 癌は血行不良によって発病しておらず、 血行を利用して成長しています。 真珠層の効果は血行不良を戻す効果であるため、 癌には効果がありません。 それゆえ、 癌治療には癌が利用している血行を停止する特別な指標が血中に必要です。 老化予防にも関係すると思われる指標をはやく特定しましょう!

....遺伝プログラムと患者の年齢は関連はありません。 次のプログラムはいつ。 身体の何処に。 どんな病気か。 重症か軽症か。 何回か。 我々にはわかりません。 「 それは、 神の手の中です。」

....この「 家庭内治療 」という治療は非常に簡単です。 自分で 金属用のヤスリ( 中目 を選ぶこと。)を使って、 アワビ貝殻の粉末をつくり、 服用するだけです。 毎日1回、 2~3分間も かからない作業です。 空腹時 に毎日一回 ( 0.25g 粉末 / 体重 60~90kg ) 水なし で服用してください。 粉末は口当たりが良くても、 その粒子は 非常に硬い物です。 だから、 貝殻粉末の良好な消化の為、  空腹時に水なしで服用してください。 1~2週間ほどで患部に変化があります。 発病初期であれば、 前記の病気が、 年齢差もありますが、 2週間から2ヶ月ほどで治ります。 アワビ貝殻は、 あなたの腎臓機能を改善し、 それにより全身の患部の血行を回復させます。 患部の血行が回復すると、 患部を造ったDNAは今度は患部の再生を行います。 DNAはあなたの身体にもともと備えられている再生機能を、 再稼動させ、 同時に全身の患部を再生してくれます。 粉末にするのは、 貝殻の内側の真珠層部分だけでなく、 外側部分を含む、 全殻を 粉末にして 服用します。 アワビには、 いろいろな種類が ありますが、 どれでもかまいません。 トコブシ でも結構です。 真珠層の多い貝類 を利用します。
 
「 きれいにされた貝殻 」 3種類のアワビ貝殻。

....「 日干し処理後 」きれいになったアワビ貝殻3種類。  アワビ貝殻には牡蠣などの海産生物がいろいろ付着しています。 日当たりの良いトタン屋根のような、 寒暖の差の激しい場所で天日干しにしてください。 早くきれいになります。 牡蠣などの付着した外面を太陽に向けて天日干しにします。 数ヶ月から半年ほど天日干しで雨風にさらせば、 貝殻の茶色い薄皮もめくれ、 白っぽくなります。 そして、 白くなった貝殻を水洗い後、 内外ともワイヤーブラシで綺麗にします。 急いで貝殻をきれいにするなら、 チカラで捲ってください。 火と化学薬品を使うと、 貝殻の治療効果がなくなるようです。

#   真珠層服用治療の可能性

--------------------------------------------------------------------------------

.....「 好む と 好まざるとにかかわらず、 人生 は病気によって左右されます。 成人病や老人病と呼ばれている病気だけでなく、 数限りない病気が、 我々、 人間の人生を左右しています。」


   筋萎縮       アルツハイマー    白血病     リウマチ
   認知症       網膜剥離       精神病      うつ病
  子供の視力低下     女性の出産障害   乳児の出産からの障害

.....など、 危険な病気や、 また、 病気でないと思われる障害も多数存在します。 それらの病気や障害も、 身体の再生能力がまったく機能しないため、 快復がむずかしく、 悪化や、 進行性をもっていると思われます。  それゆえ、 これらの障害も、 私は、 DNAの コントロールによる 血行障害であると考えています。 また、 DNAの遺伝プログラムは受精時に決定されています。 出産時の母体内での発生と成長も、 並びに胎盤など母体の遺伝プログラムによる障害も考えなくてはいけません。 それゆえ、 母体内での障害の発生の予防も可能であると想像しています。

.....生命に危険な 進行性の病気の治療に、 人工透析を利用することが出来れば、  生命維持に 危険な血中の 指標 を、 血中から除去ができ、 急速に良好な 効果が得られる のではないかと 想像しています。  人工透析器 が利用されはじめて、 30年以上、 経過していると思います。 この期間内の 透析患者における 内因性の病気の 発生を調査すれば、 透析器の能力を 知ることが出来るとおもいます。

.....「 DNA が、 腎臓 を介して、 人体の 病気や障害を、 さらに 発生 から 創造、 破壊、 消滅 までもコントロールしている。」と言う、 私の説に賛同されるか、 否かではなく、 多数の方々が難病の治療や、 人体に発生する異常に、 真珠層粉末を試されることを、 つよく希望します。


.....民間療法に昔より「 医者要らず 」と言われる薬が複数あります。 腎臓を治療すれば内因性の病気が治療出来ると書いている私には、 「 医者要らず 」と言われている薬はすべて腎臓に効果があるのだろうと想像しています。 現代医学で毎年多数の医薬品が申請、許可されています。 また。 地球上の植物、微生物、海洋生物などから、 多くの企業が新しい薬品を探していますが。 「 温故知新 」のことわざのように 民間療法あるいは漢方に伝わる多数の薬品の効果を再調査する必要があると考えています。

.....漢方四千年の歴史において、 多数の薬品の効果が記述伝承されています。 四千年の長き月日において、 伝承しやすい方法。 服用や利用しやすい方法。 入手や製造しやすい方法など。 伝承の難しさから生じる変更などで、 すべてが忠実に伝承されているとは私には思えません。 そして現代の製造技術や製薬技術の進歩によって漢方薬の新しい効果を多数見出せると信じています。 「 灯台下暗し。」の言葉のように身近な漢方薬を見直せないでしょうか。 医学に変化が起こりますよ。


くわしくは、 下記のHPを読んでください。

HP Adress..... http://www.geocities.jp/tosiharu1105/


西 村  利 治  55才

     

無理しないでくださいね。といいつつもブログが読みたい…
でも大事な右腕だし…と思っていた所のブログ更新!
文面からも前向きさが伝わってたきてとっても嬉しくなりました。
リハビリ期間中の気がついた事や近況をまたアップしてくださいね!
でも本当に本当に無理しないでくださいね!

大塚さん、リハビリ順調そうで何よりです。
しばらく何故かここに書き込みがうまく出来ず。。。

お元気そうで嬉しい限り。これからも応援させて
頂きます。母がまた日本から来るのですが、もちろん
アリゾナスプリングキャンプ見学希望です、
どうしましょう?(笑)

もしお会いすることが出来る機会があればいいなと
思ってます。

ではまた。

ブログ更新お待ちしておりました。手術無事成功、おめでとうございます。
これで大塚さんの腕治るんだ、よかったーと思いました。大塚さんもとても
お元気な様子で、笑顔が日本から見えるような気がします。
今回、お引越しの手続きを全部自分でされたのですね。そんな行動に、これから
先アメリカの球界でずっとやっていく、という大塚さんの決意がわかります。頼もしい限りです。

大塚さんはIN-N-OUTのハンバーガーはお好きですか?日本にずっといる私
は食べたことがないのですが、西海岸にしかなく東海岸のメジャーリーガー
たちも楽しみにしているほど人気があるそうですね。付け合せのポテトが
ほくほくしてとてもおいしいと聞きました。田口さんは大好物のこれを試合
前に食べ過ぎて、密かに「今日はスタメンじゃありませんように」と思って
しまった(いけませんね)という話もあります。
大塚さんはアリゾナは何回も滞在していらっしゃるから、おいしい所もいろいろ
ご存知でしょう。ご無理じゃないように、そんな話もまたお知らせください。

更新ありがとうございます、少し、ほっとしました。
それにしても、いろんな契約を一人でなさったとの事、
すごいですね、もちろん、英語ばかりなのですよね、
想像しただけでも、頭も目も、クルクルです。
ほんと、尊敬しちゃいます。それから、アリゾナは、
暖かいのですか?日本は、寒いので、羨ましいです。
次の暖かい場所からの日記楽しみにしています。
でもパソコンで手首の腱鞘炎や首を痛める原因にも、
なるそうなので、無理しないでくださいね。
それでは、リハビリがんばってください。

大塚さん、着実に前に進んでいるようで何よりです。
バレンタインデー…大塚さんにチョコを渡した事って無かったかも(^^;
と言うことで、今年初めて渡します!!
■■■■■
■■■■■ 
■■■■■
  ↑
普通の板チョコですが、貰って下さい。
あ、ちょっとづつ食べて下さい。
一気に食べると筋肉よりも贅肉が付いちゃいますから。
ではまた(^^)ノ

こんにちは
順調に回復されているようですね。昨年後半は大変でした。今は、腕を動かしてみて、日に日によくなっていくのが実感できますね。痛いといっても気持ちいいようですから。本当に楽しみです。
大塚さんのチャレンジ精神はいつも素晴らしいと思います。どんな状況の時でも前向きに考えて人間的な厚みを増していきます。日常会話だけではなく、様々な契約など英語に磨きもかかりますね。10年後、15年後は今よりも更にアメリカと日本の野球界の人的交流が盛んになると思います。その時に大塚さんは日米の架け橋のような存在になっていることもあるかも知れません。そういう時に今回の経験が活きていく気がします。
腕の復活+新しい経験で一回り大きくなった大塚さん、楽しみにしています。

大塚さん、バレンタインに乗り遅れてしまいました・・
「ヨッシャー更新」ありがとうございます!!

手術も無事成功し、順調にリハビリされているということで、ほっっっんとに安心しました~
右肘をギブスで固定されながらのお引越し&単身赴任?怪我の不自由も楽しみに変えてしまわれる大塚さん、どこまでも凄い方です!

バレンタインにチョコは送れなかったけど、その分の気持ちを精一杯ここで応援させて頂きます。
大塚さん、受け取ってくださいね!

今日もリハビリが順調に進みますように♪

アキさんの「ヨッシャー!!」を見れる日が近づいているようでとても嬉しいです♪
是非々復活してくださいね。
いちファンとして応援していきます。
それまでは...WBCのDVDを見つつ我慢しておきます...笑

やったー、よっしゃー。
手術成功おめでとうございます。
I know you are going to make it!
ゆっくりじっくり、復活を気長に俟っています。

よかった~~ AKIさん、復帰に向かって前進ですねっ!またこれからの楽しみが増えましたよぉ。 どうぞどうぞ焦らずに、ヨッシャー旋風を吹き荒らして下さるのを待っています❤

大塚さん こんにちは
手術が成功して、力強い大塚さんの腕が蘇るのですよね。本当によかったです。

先日、テレビで王監督のインタビューを見ました。今季で監督は最後、と
世間では言われていますが、それに対して「話が一人歩きしているだけ。
もしかしてそうなるかもしれないけど、とにかく優勝しなくちゃね」と
おっしゃっていました。ですから、来年もユニフォームを着ていらっしゃる
可能性は十分にあるようです。(優勝してもう1年だといいですね)
振り返ると、1年半前王監督の病気のことで、大塚さんも随分心配されまし
たよね。よくなってグラウンドに戻ってこられますように、と祈られまし
た。そんな願いが通じて、王監督は病気に克ってちゃんと戻っていらっしゃ
いました。テレビにうつる監督のお顔の肌つやはよく、とてもお元気そう
です。
精神力の強い方は何事も乗り越えられるのだと思いました。大塚さんも同じ
です。今まで向かい風の状況の中で頑張ってこられたのです。そして今風は
追い風になってきましたね。大塚さんの元気な姿を見られるのもそう遠く
ないと思っています。

大塚くん久しぶりです、お元気ですか?
リハビリの方も進んでいるみたいですね!
しばらくは右腕が使えないと思いますがブログ・リハビリ編を届けて下さい!  心から応援・活躍を期待しています。 
ヨッシャー!!

大塚さんこんにちは!はじめて書き込みします!
この前大塚さんの「約束のマウンド」読ませていただきました。
大塚さんのポジティブな姿にすごく勇気付けられました!
ところで、手術の具合はどうですか?
あせらず、しっかりリハビリに励んでくださいね!
マウンド上でまたYosshaa!!が聞けることを楽しみにしていますよ!

お久しぶりです。
順調な回復振りに安心しました。
今、アリゾナにはいろいろな方がいますね。(イチロー、城島さんなどのメジャーのキャンプ。そして小久保、斉藤和巳さんもリハビリ)
肘も動いてきて美味しいスムージーで健康にも気をつけて(何のフルーツ入れているのかなぁ?)早くヨッシャーが聞けるように頑張って下さい。
奥様からチョコレート届いたかなぁ?
お嬢様からももらいましたか?
また肘が徐々に治っていく様子聞かせて下さいね。

今回のブログを読み、
復活というより、成長という言葉が浮かびました。
私も、せっかく生きているのだから、
日々を大切にもっともっと成長したいです。

がんバレーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!

手術、無事に終わってよかったです。
リハビリがんばってください!

大塚さん
がんばってください。応援しています。

応援してます!

楽しみにしてます!

前向きな大塚さんすてきです!

楽しみにしています!

プロフィール

【本名】 大塚晶則(おおつか・あきのり)

【生年月日】 1972年1月13日
【身長・体重】 182cm・90kg
【投打】 右投右打
【出身地】 千葉県
【出身校及び球歴】
横芝敬愛高~東海大~日本通運
97年ドラフト2位で近鉄バファローズ
現オリックス・バファローズ)
98年最優秀救援投手・セーブ王(35)
00年~02年 3年連続20セーブ以上
02年中日ドラゴンズ移籍
04年サンディエゴパドレス移籍・ホールド王
05年テキサスレンジャーズ移籍

メディア出演&とコラム情報

【コラム連載】

line-s

【雑誌インタビュー】

line-s

【TV出演】

line-s

【イベント出演、その他】

カレンダー

2012年03月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

モバイル

ケータイでもブログをご覧いただけます。

大塚晶則YOSSHAA!! Blog QRコード

ケータイにURLを送信