プロフィール

三又忠久


三又又三

(みまた・またぞう)
1967年5月27日生まれ。岩手県出身。
仙台育英高校時代にはレスリングで県大会2位(60kg級)の実績を持ち、新日本プロレス入りも考えたという。
2005年より武田鉄矢原作、小山ゆう作画の名作漫画『お~い!竜馬』を自身の企画・プロデュース・主演で舞台化、そのまんま東、宮川大輔らを共演者として迎えるなど、ライフワークとして精力的に展開しつつ、単独ライブ『三又又三のかく語りき』を定期的に開催。
2009年2月、北野武監督作品、映画『アキレスと亀』で東スポ映画大賞新人賞受賞。
出演DVD『大輔宮川のすべらない話2』、好評発売中!

トラックバック

モバイル

ケータイでもこのブログをご覧いただけます。

三又忠久のお~い!竜馬への道QRコード

ケータイにURLを送信

« 2007年01月 | メイン | 2007年05月 »

三又忠久、新芸名決定!!

毎夜毎夜、せっせと行われている殿邸(ビートたけし邸)でのタップの稽古に、
今年に入ってから皆勤賞で参加しているミマタさん。

あまりに熱心に毎日タップに来るミマタさんを見て殿が、

「怪しいな~」


「アイツ、タップじゃなくて家にいるのが寂しいから
しゃべりに来てるだけなんじゃねーか」

などなど来るたびに突っ込まれています・・・。

今日なんて少し遅れてきたミマタさんが玄関のピンポンを押して入ってきたところ、
殿が、

「よーし、みんなで隠れるぞーっ!!」

ってことで
殿邸の地下室に全員で隠れたのです。

で、しばらく隠れた後に殿が、

「わっ!」

と出てきた時のミマタさんのリアクションのデカイことデカイこと。

殿も、
「お前相変わらずリアクションでかいな~」と突っ込んでいました。

ミマタさんはミマタさんで、

「北郷、オレ、殿が隠れてる姿が見えちゃってさ、
知らないふりして驚くのに苦労したよ・・・」


なんて、どうでもいい後日談をオレに語ったりするのです。


そんなわけで、本日もタップでタカタカと2時間汗を流した後、
キムチ鍋を殿にごちそうになり、午後10過ぎにお開きとなりました。

殿邸を出て、
今日はまっすぐ家に帰りたいな~
なんて思っていたオレの気持ちを知ってか知らずか、

 


「よ~し、軽くサウナで汗でも流しながらブログやっちゃうか!!」

と ミマタさんより問答無用の赤紙召集がかかりました。
はい、本日もサウナにてミマタブログはスタートです。

 


「北郷、俺も殿にお世話になって15年。
やっと名前もらっちゃったな!!」

 


そうなんです!!
今、殿の中では、なぜか改名ブームで、
本日、ミマタさんも殿から、
三又又三(みまた・またぞう)
なる新芸名を晴れていただいのです。
上から読んでも下から読んでも三又又三です。

ちなみにゾマホンは、二代目そのまんま東を襲名です。
ただ、三又さんの場合、
親戚のおじさんに本物の三又又三さんという人がいるので、
正式には2代目三又又三なのだそうです。
ちなみのちなみですけど。


「しかし北郷、危なかったな~」

何が危ないと申しますと、三又さん、
三又又三をもらう前に色々と他にも芸名の候補があったのですが、
いずれも放送コードに耐えられない、
ビートたけしならではの毒ガステイスト満載な芸名のオンパレードで、
ここに書くのもはばかられるほど、
ブラックな芸名を三叉さんはいただきそうになっていたのです。

余談ですが、
俺、アル北郷もあやうく
“ピートたけぞう”をもらいそうになるところだったのです。 


「北郷、殿ってすごいなよな~。
もうすでにこの先に二本分も映画のアイデアが
バッチリあるんだもんな~」

そうなのです。
殿はタップの稽古の最中、いきなり思いついたように
次から次へと映画のアイデアとストーリーを
かなり細かいデティールを交えてしゃべってくれるのです。
もうそのまま台本におこせばすぐにでも撮影に入れそうなほど、
細部までバッチリとストーリーが出来上がっているのです。
聞いてて本当に驚く瞬間です。


「北郷、わかるな~それってよくわかるな~」


「三又さん、何がそんなにわかるんですか」


「決まってんだろう、殿の頭の中だよ」


「はっ・・・!?」


「俺も次の7月の舞台のアイデアが殿と同じように
湯水のようにわきあがってくるもんな~」


 

ホントかよ!


「やっぱり英雄は英雄を知るんだな~」


誰が英雄よ!
サウナで横チン出してる英雄がいるかっての!!


「北郷、映画ってキャスティングを決めるキャスティング会社が
ちゃんとあるって今日、殿が言ってたよな」


「はい、そうですね」
っていうか、殿に言われて今日知ったのかい!


 

「そうか・・・キャスティング会社か・・・・」


またなんかよからぬことを考えてそうな顔したミマタさん。
案の定、


「北郷、キャスティング会社って儲かるよな。
よし!思い切ってキャスティング会社立ち上げるか?」


なんだそら!
次の舞台のアイデアどこ行ったのよ!

で、
そのままサウナの中で、


「北郷、タップって楽しいな」

などととってつけたような発言を繰り返し、
サウナを出てやっと帰れると思っていたら、
ミマタさんの携帯が鳴り、
電話を終えたミマタさんが、


「今、松本人志さんからサウナの誘いがあったからちょっと行ってくるわ」

と言い残すと、タクシーに乗り込みまたもやサウナへと消えていったのです。


「北郷、同じ日に、
ビートたけしとダウンタウン松本と会う男、
それがこの三又又三なのだよ。
キャスティング会社も夢じゃないぞ。ムフフフフ・・・」

うわあ、なんだかイヤーな予感がするなあ・・・。