プロフィール

三又忠久


三又又三

(みまた・またぞう)
1967年5月27日生まれ。岩手県出身。
仙台育英高校時代にはレスリングで県大会2位(60kg級)の実績を持ち、新日本プロレス入りも考えたという。
2005年より武田鉄矢原作、小山ゆう作画の名作漫画『お~い!竜馬』を自身の企画・プロデュース・主演で舞台化、そのまんま東、宮川大輔らを共演者として迎えるなど、ライフワークとして精力的に展開しつつ、単独ライブ『三又又三のかく語りき』を定期的に開催。
2009年2月、北野武監督作品、映画『アキレスと亀』で東スポ映画大賞新人賞受賞。
出演DVD『大輔宮川のすべらない話2』、好評発売中!

トラックバック

モバイル

ケータイでもこのブログをご覧いただけます。

三又忠久のお~い!竜馬への道QRコード

ケータイにURLを送信

« 2008年09月 | メイン | 2008年11月 »

博士から電話

「水道橋博士」から電話があった。「俺の出来る範囲で宣伝するから」と言ってくれた。とても嬉しかった。きっと「玉袋筋太郎」さんも宣伝してくれてます。浅草キッド最高!今度三人で自転車旅行行きましょう。

甲本ヒロトとiPod

普段 バスだ電車乗る時 iPodがなかったら僕はストレスで死んでしまう。iPodから流れる甲本ヒロトの曲が僕に勇気をくれる。とてつもない勇気をくれる。竜馬の舞台もそんな 見たお客様に勇気を感じてもらえるお芝居にしたい。

朝方にて

お願いです。みなさんチケット買って頂いて見に来て下さい。お願いします。

博士より

博士から電話があった。励まして頂いた。吉祥寺に向かった。小幡さんと大地君に会ってチケットを買って頂いた。小幡さんに千鳥烏山に連れていってもらい、リラクゼーションのお店でチラシを置かせてもらった。なにからなにまで小幡さんに、大地君にお世話になりっぱなしだ。必ず竜馬の舞台を成功させたいと心から思い、稽古場へ向かった。

やっちゃるき

やってやってやりまくる。それでも後悔するから やりまくる。それが稽古。やっちゃるき。

通し稽古を終えて

通し稽古を終えて やはり早い時期にやって良かったと思う。明確にどこがいけなかったかが分かるし逆に自信にもつながる。もちろん自分のダメな所もチェックした。不思議とメモするんだよなぁ、柄にもなく。細かくメモして反省する。家に帰ってきて思うのは心から癒しが欲しい。笑顔が欲しい。愛情が欲しい!明日の稽古 頑張ります。ヒロトの曲で勇気もらって寝よ。

初回

今日は通し稽古。ワクワクしている。なんか童貞を失うちょっと前って感じ。あきらかに気持ちは青春!興奮してる。

吉祥寺へ

吉祥寺へチケットを届けにまずはバスに乗る。幼稚園の頃 たまらなくバスの運転手さんに憧れた。今改めて運転手さんの仕事ぶりをじっくり見た。やっぱカッコイイ。僕は免許すらない。カッコイイ、バスの運転手さん!

永遠の青春

「子供の頃から憧れてたものに なれなかったんなら大人の振りすんな 第一希望しか見えないぜ 不死身のエレキマン」by ザ・ハイロウズ甲本ヒロト なんて素敵な歌詞だ。今の稽古場に大人の振りしてる人間がまだいる。みんな幾つになっても青春するのが「お〜い!竜馬」の稽古場だ。小山先生が漫画を通じて僕に教えてくれたんだ。月曜日 僕が身体使って教えてみる!青春!!

テンション

先日 東さんに仕事で会った時僕が「今年も竜馬やるんです。来年は銀座博品館で少年篇やるんです。」と報告すると「あっ、来年それ俺出してよ!」と言うので「知事は演劇無理でしょまして東京は!」と言うと「知事は映画、演劇出ていんだよ。」と返答。なんかここ一番、力を貸してくれる東さんは凄い。別に来年東さんが出演しなくてもその言葉が嬉しい。東さんあの言葉、勇気が出ました。ありがとうございます。

月曜日は

来週の月曜日、通し稽古がある。とてつもなく早い通し稽古だ。楽しみだ。自主トレに気合いが入る。

興奮

今回の竜馬は何かが違う。演出の西村さんもそう感じている。妙な興奮がする。稽古場で感じる。とてつもなく いい事だ。あー、みんなと死ぬまで稽古して本番迎えてー!死ぬまで。僕は幾つまで生きるんだ?死ぬまでやるぞ、「お〜い!竜馬」。

生き神

「小山ゆう」先生に電話で稽古頑張ってと言葉をかけていただいた。嬉しかった。稽古が終わり部屋でザ・クロマニヨンズのエイトビートを聞く。少年チャンピオンのインタビューで「甲本ヒロト」が「人から望まれないでもやること。それでもオレはこれがやりたいんだ!と思うことがロックだと思うんだよな」と答えていた。久々にしびれた。部屋の甲本ヒロト人形に合掌した。「お〜い!竜馬」の舞台は僕にとってまぎれもなくロックだ。たまらなく興奮してきた。エイトビートをもう一回聞こう!

熱い感じ

早くも稽古場に「熱い」ものを感じてきた。とてもいい事だ。安心していられない。その「熱さ」を持続させなければ意味がない。ワクワクしてきた。

なんで?

酔っ払いの男女四人組に絡まれた。いきなり写メ撮られ罵声を浴びた。ぶちギレそうになったが我慢した。竜馬の本番があるので我慢した。腐ったド素人に我慢した。

稽古中は

正直 稽古中はブログやるのつらいなぁ。全く興味なくなるんですよ。めんどくさい度数200%。助けて。

頑張れ相撲界

マスコミの八百長バッシング。裏で何があろうがなかろうが 本番の事実が全てなんだから それを八百長があったなかったってバカな話。裏に顔突っ込み過ぎると全てつまんない事になるのになぁ。

オレの歌

一人の稽古場でマキタ学級の「オレの歌」を聞いた。泣けた。今回の舞台のテーマソングだ。恵比寿を一人歩いていると「片桐はいり」さんが僕の横を通り過ぎて行った。アナーキーだった。

稽古スタート

竜馬の稽古が始まりました。「お〜い!竜馬 青春編ザ・ファイナル」みなさん是非ともご来場御待ちしております。新宿シアターサンモールにて11月12〜16日まで チケット5500円

アリケン

明日はテレ東「アリケン」の収録がある。NHKしゃべり場のパロディ的なやり方で構成するらしい。竜馬の宣伝アリキで出演させてもらう。とても楽しみです。今日の夕方は殿と焼き鳥たべながら「ビートたけしのしゃべり場」が開催される。昨日は朝5時まで殿と北郷たちとカラオケしてた。

草野キッド万歳

昨日のテレ朝「草野キッド」視聴率6パーセント!深夜の6パーセントはゴールデンの20パーセントに匹敵します。つまり大成功。さっきコンビニで大学生の男3人組に「草野キッド面白かったです。」と早速声をかけられました。「面白い」と視聴者は見る。「面白い」と「売れる」by千原Jr.。草野さん 堂ちゃん 浅草キッド 草野キッドのスタッフのみなさん ありがとうございました。

ノーベル賞

日本から3人、ノーベル賞を受賞した。みなさん50才を過ぎたおじさん、いやおじいさんたちだった。でも凄いのは その年齢まで研究をし続けた。つまりハンパじぁなくそれが「好き」で「面白い」事だったんでしょう。カッコイイ3人の男達。僕は「芸人」がハンパなく「好き」で「面白い」と言う思いが永遠に続くんだろうか。

格闘技界とAV界

最近 総合格闘技とAVを全く見ていない。見る気がしない。僕の美意識に本気でやって本当にやってどうするんだよカメラ前で!なんでもありって最悪だよ!と言う考えがあるのだ。もちろん総合格闘技もAVも散々みたおした結果だが。顔面踏みつけ、顔シャって世紀末を感じるのは僕だけでしょうか。回り回って僕はジャイアント馬場とエマニュエル夫人が最高の格闘家とマドンナです。わかるかなぁ分かんねえだろうなぁ〜イェーイ。

幼なじみ

昨日の夜 幼なじみの「ブッチャー」に電話した。中学生の息子と5年生の娘と4才の娘がいる。横浜に住んでるので3年前 泊まりに行った。小学校の頃からのガキ大将だ。最近「20世紀少年」の影響で昔懐かしむ事がよくある。「ブッチャー」は永遠のガキ大将だ。

拝啓「千原Jr.」様

拝啓「千原Jr.」様 草野キッドご覧になったでしょうか?ユリオカ超特Qが僕に言いました。「Jr.さんがNHKトップランナーで面白ければ必ず売れるのがお笑いの良いところです。とキッパリおっしゃってました。」ありがとうございます、「三又又三のかく語りき」面白いです。「舞台お〜い!竜馬」泣けるし熱いし面白いです。不安が無くなりました。昨日 自分が情けなくなった事があったんですが あとから お金はついてくる。僕の信念がまだ伝わりきれてないだけだ。迷わず行けよ 行けばわかるさ ありがとう!

竜馬がゆく

さっそく「司馬遼太郎 竜馬がゆく」を読む事にした。もちろん既に全8巻読破してるのだが改めてその中から第4巻を読み直したいと思う。今日は草野キッドに出演している。今から草野キッドが始まるまで読書スタート!

「お〜い!竜馬」

舞台「お〜い!竜馬 青春編ザ・ファイナル」 新宿シアターサンモール 11月12〜16日まで 土曜日日曜日2回公演 前売り5500円 当日 6000円 宜しくお願いします。

読書

竜馬の稽古が始まる事だし竜馬関係の本をもう一度読みあさろうと思う。ランニングハイがあるように読書ハイってあるのかなぁ。最初は無理矢理読んで気付いたら読書ハイにならんかなぁ。キツイ一発をくらった時はちゃんと反省して読書で自分を洗う。今日は参った。本当に参った。

プレミアシート

ヤバいヤバいよ!10・8巨人対阪神戦エキサイティングシートゲット!!事実上の優勝決定戦ですよ、えっ エキサイティングシートって何って巨人ベンチの真横に設けられたヘルメット着用の特別シートだよ、このバカチンが!!!まさか巨人対阪神の歴史上で一番の試合を東京ドームのグランド内で観戦できるとは思いませんでした。もちろん東京ドームには「ダンカンさん」もいる。あーゾクゾクしてきた。まだ興奮する事って残ってた。「山本モナちゃん」に席譲ったらスゲー事になるんだろうなぁ。巨人ベンチの真横に「山本モナ」。ダメだ面白過ぎる。当日 なにかが起こる東京ドーム。

大嫌いな雨

なんなんだこの天気。雨降りって最悪だ。イライラするしイライラする事を電話で言われるし全部この雨が悪い。なんでそんな発言が脳みそ使った上で出るのか?雨のせいです。晴れてたら発言も晴れる。頼むから晴れて下さい。お願いします。

虚しい食事

コンビニでトンカツ弁当を買って食べた。一人で食べた。とてつもなく虚しい気持ちになった。会話も味も笑いもない食事。なにも生まれない虚しい時間。こんな時間はもう御免だ。絶対自分の家族を持とうと誓った。

ありがとうの一言

「松本人志さん」からプレゼントに対してのお礼メールがわざわざ入った。年上で しかもよく食事をおごって頂き 仕事も頂き何もわざわざメールしていただかなくてもいいのに凄く感動した。「ビートたけし」「松本人志」この二人は母親の教育がとても素晴らしいんだと思う。もちろん本人が一番しっかりしているのだが。「ありがとう」をちゃんと言える男になろうと改めて思った。

府中の森公園にて

府中の森公園にてiPodでザ・ハイロウズを聴いてます。親父バンドのお芝居をやりたくなった。マキタの声が聞きたくなった。近いうち台本書こう!

清原引退スペシャル

テレビの「清原引退スペシャル」を見た。京セラドームで子供と抱き合うシーンで僕はボロボロ泣いた。子供が清原お父さんの背中を手でポンポンとした時 涙がドッと出た。そして「竜馬」の本番に向けて頑張ろうと思った。奥さんは清原選手が巨人で不振のどん底の時に出会い結婚したそうだ。お二人は凄い絆で結ばれているんだろうなぁ。憧れの「清原和博」がグランドで見れない。タレント「清原和博」は頼む嫌だ。「監督清原和博」でお願いします。

吉本の「あずみ」

今日 吉本の「あずみ」と言う芸人と銭湯に行った。「あずみ」でピンときた人は かなりの「松本人志」信者。よく松本さんのラジオに出てくる芸人。アホで面白い奴です。「あずみ」に僕からの松本さんへのプレゼントを渡したんだけどちゃんと本人の手に届くかなぁ?

広尾にて

広尾のオシャレな個室バーで「バイキングあき」「あずみ」「作家のサダ」「フジテレビ佐々木さん」「松本人志さん」と鍋を食べた。楽しかった。あーずっとこの時間を楽しみたいと思った。時間よ止まれ!と心から思った。一人タクシーで落ち込んだ。