プロフィール

三又忠久


三又又三

(みまた・またぞう)
1967年5月27日生まれ。岩手県出身。
仙台育英高校時代にはレスリングで県大会2位(60kg級)の実績を持ち、新日本プロレス入りも考えたという。
2005年より武田鉄矢原作、小山ゆう作画の名作漫画『お~い!竜馬』を自身の企画・プロデュース・主演で舞台化、そのまんま東、宮川大輔らを共演者として迎えるなど、ライフワークとして精力的に展開しつつ、単独ライブ『三又又三のかく語りき』を定期的に開催。
2009年2月、北野武監督作品、映画『アキレスと亀』で東スポ映画大賞新人賞受賞。
出演DVD『大輔宮川のすべらない話2』、好評発売中!

トラックバック

モバイル

ケータイでもこのブログをご覧いただけます。

三又忠久のお~い!竜馬への道QRコード

ケータイにURLを送信

« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

すごい二日間

先日 ヒルズで映画を見たあとタヒチバーに行くとそこに「アントニオ猪木」がいるではないか!大感動です。さっき見た映画を遥かに越えました。猪木さんが帰り際 笑顔で握手してくれました。興奮さめやらぬまま次の日 近所のバーのマスターから電話が入り一言「前田日明さんが店に来てますよ、三又さん店来ません?」前の日 猪木で今日 前田!残念ながらバーに着いた時は前田さんは帰ってましたが なんとその店の常連客が前田さん。いづれ一緒にハマキとバーボンを飲みながら竜馬の話を前田さんとする日も近いでしょう。猪木と前田な二日間でした。

珍しく

珍しく禁煙が続いてます。アメなめて頑張ってます。

リカ&ジュン

僕は黒パグのリカとボストンテリアのジュンを浅草の知り合いにあづかって頂いている。近いうち会いに行こうと思っている。癒されに。

とりあえず

とりあえず又 禁煙にチャレンジしてみます。絶対無理でしょうが。

クリスマス

街がクリスマスに向けて活気づいて来ている。そんな中「三又又三のかく語りきボリューム4」がクリスマスイヴに行われる。聞き手にユンボ安藤を迎えてやるわけだが こんな馬鹿げたクリスマスイヴってあるだろうか?絶対見に来てほしいのだ!

iPodとPASMO

五年前 僕は調子に乗ってシボレーとジャガーを免許も無いのに運転手を雇い乗り回していた。今 僕はiPodとPASMOで何処でも移動している。シボレーとジャガーは泡のように消えた。クソ見たいな見栄をはっていた自分が恥ずかしい。でもシボレーとジャガーの妙な感触は身体が憶えている。余裕が出てシボレーとジャガーが持てる日は訪れるのだろうか?だから僕はガムシャラに来年の竜馬の事を考える。すると黒船がいつか付いてくる。黒船。

風邪

風邪引いて最悪。今 キョンキョンがテレビで歌っている。僕の永遠のアイドル。可愛いい。

人生に…

「ビートたけし」の言葉に「人生に期待しない」と言う言葉がある。最初なんのこっちゃ分からない言葉だったが竜馬を終えてみて少しだけ分かった気がする。まず人に期待するからイライラする。適材適所をもっと理解する事でイライラしなくなる。勘違いする人が出てくる。勘違いするポジションを与えた僕の責任だ。今回3〜4人いた。僕の教育が悪い。非常に僕は下手な男だ。しかし 日々僕は考える。「三島由紀夫」の言葉に「裏切り者は身内から」と言う強烈なセリフがある。旗揚げして4年、悔しいかな当たっている。昔 僕は酒に逃げていた。今回 僕は竜馬の稽古中に一回だけ酒を飲んだ。あとは ずーっと朝までウーロン茶で人間観察を楽しんでいた。勉強になった。この先 酒の力を借りて発言する事は まず無いだろう。「お〜い!竜馬」は僕をどんな男の子にするんだろう?竜馬、答えてくれ!

集団生活

「お〜い!竜馬」と言うカンパニーが動きだそうとしている。必ず共演者の女とのトラブルが出てくる。その場合 どんな理由であれ トラブルメーカーはクビだ。一回目の竜馬でやはりあった。熱い話を真剣にして結局オンナの股間に負けていくオトコ。これから色々あると思うと誰が最終的に残るか天国の竜馬しか分かってないような気がする。来年の今頃 銀座博品館で本番をやっている。すでにいるはずのメンバーが居ない可能性もある。カンパニーは難しい。深い。

精神と身体

最近身体が確実に老いて来ているのが分かる。視力の低下 腰痛 肩こり 挙げたらキリがない。なのに精神がピュアになっているのが分かる。酒を呑まなくてもみんなとワイワイできる。そこに苦痛が全くない。「お〜い!竜馬」の舞台の話ができれば酒が寧ろ邪魔くさい。別に竜馬の話じぁなくても自分の中に「お〜い!竜馬」が生きてれば やはり楽しい。酒が邪魔くさい。41才でやっと夢中になれる物が見つかった。つまり41才で精神は14才ってワケだ。ハイロウズの「14才」聞いて寝るとするかぁ。14才。

48才で

竜馬の舞台をやるにあたり10年やる!と宣言して早4年。あと6年かぁ。三又又三47才の時 どうなってんだろう?頑張れ自分!

後悔

僕は今 水道橋博士から頂いた「不良日記 百瀬博教」を読もうとしている。「お〜い!竜馬」と言う漫画に出会い僕は変わった。もう一冊 博士から頂いた「プライドの怪人 百瀬博教」でなにかに気付いた。この二つの作品に僕は動かされた。明らかに人生のバイブルだ。僕は偶然 原宿のバーで「百瀬博教」さんとお話する機会があった。「そうか 君は水道橋の後輩かぁ。僕は携帯持ってないからFAXくれ、必ず花を送るからな。」一回目の竜馬の舞台が決まってすぐの時だった。正直 怖くてFAXできなかった。後悔している。もう「百瀬博教」さんはこの世に居ない。真夜中 青山ブックセンターに「百瀬博教」さんがいるんじぁないかと思い行くと必ずいた。遠くから僕は見ていた。今でも真夜中に青山ブックセンター行くといる気がする。明日の今頃「不良日記」を読み終え深夜「百瀬博教」さんを思い出してる自分がいるだろう。金曜日ギリシャから僕の親分が帰ってくる。

早速ライブ

昨日は浅草キッドと年末ガキ使スペシャルに出演。限りなく放送が危ういトークを吉本軍団にたけし軍団が挑んできた。楽しかった。緊張もした。そんなこんなで12月24日クリスマスイブに四回目を迎える「三又又三のかく語りき」が行われる。聞き手はユンボ安藤。イブの夜 又三とユンボと過ごすなんて素敵やん。めっちゃ素敵やん。二人とも関西人じぁないけど素敵やん。チケットローソンで発売中!

お〜い!竜馬を終え

「お〜い!竜馬 青春篇ザ・ファイナル」を終え 改めて僕は色々な事を考えさせられた。見に来て頂いたお客様スタッフ共演者に深く感謝の気持ちでイッパイです。来場の11月は銀座博品館で「お〜い!竜馬」が幕を開けます。大変な事です。でも僕は負けません。みなさんの応援宜しくお願いいたします。三又又三も来年はパワーアップして頑張るので期待してください。

今日で終わり

今日で「お〜い!竜馬 青春篇ザ・ファイナル」が終る。一ヶ月稽古して今日が最後。実に悲しい。あと最低一週間やりたい。最高のメンバーとスタッフで千秋楽が迎えられる喜びが今ある。41才最後の青春。あと2ステージ、燃えつきたい。

あと5ステージ

残すは5ステージとなってしまった。残念だ。まだまだやりたい。一ヶ月も稽古したのになぁ。今日は「小山ゆう先生」がアシスタントのみなさんと来場する。先生に感謝の気持ちを込めて 素晴らしい舞台にしたいと思う。

初日を終え

昨日 初日を終え あと6ステージ頑張るのみ。「宮川大輔」が見に来てくれた。初代中岡慎太郎役だ。あとたった6ステージかぁ。やっちゃるき!

本番

舞台が遂に本番。ドキドキです。絶対見に来て下さい!

朝練習

なんと朝8時30分通し稽古。まるで高校時代の部活を思い出す。青春。

博士はスゲー

「水道橋博士」のプッシュで ある番組が決まった。博士に「ありがとうございます!」と電話を入れると「お前 ちゃんと喋りのライブやってるからだよ。それより舞台の稽古順調か?頑張れよ。」と言ってくれた。やはり博士は高円寺の勝先生だ。早く殿に伝えたくなった。博士、玉さん、殿 本当に素晴らしい人間に囲まれている自分。オフィス北野に入って本当に本当によかった。本番やっちゃるき!北郷も最高の後輩だ。あー売れたい。

宣伝

アンジャッシュの渡部君がやっているラジオで舞台の宣伝をしてきた。手相芸人の島田君も一緒だった。楽しい収録だった。是非チケットの売り上げが伸びる事を信じて喋った。明日は殿と仕事場で会う。楽しみだ。

眠れない夜

セリフの特訓、アイデアが生まれる。ノートに書く。チケットの売れ行きが気になる。知人に電話する。気分転換に甲本ヒロトの曲を聞く。又セリフの特訓。眠れない夜。

頑張れチケット

本音です。ブログ読んでるみなさん チケット買って下さい。宣伝して下さい。宜しくお願いいたします。

お客様

熱くて泣けて笑えるお芝居「お〜い!竜馬」宜しくお願いいたします。