プロフィール

三又忠久


三又又三

(みまた・またぞう)
1967年5月27日生まれ。岩手県出身。
仙台育英高校時代にはレスリングで県大会2位(60kg級)の実績を持ち、新日本プロレス入りも考えたという。
2005年より武田鉄矢原作、小山ゆう作画の名作漫画『お~い!竜馬』を自身の企画・プロデュース・主演で舞台化、そのまんま東、宮川大輔らを共演者として迎えるなど、ライフワークとして精力的に展開しつつ、単独ライブ『三又又三のかく語りき』を定期的に開催。
2009年2月、北野武監督作品、映画『アキレスと亀』で東スポ映画大賞新人賞受賞。
出演DVD『大輔宮川のすべらない話2』、好評発売中!

トラックバック

モバイル

ケータイでもこのブログをご覧いただけます。

三又忠久のお~い!竜馬への道QRコード

ケータイにURLを送信

« 2010年02月 | メイン | 2010年04月 »

絶対

100324_133916.jpg

本来のプロレスを否定してパンクラスを立ち上げた船木選手と鈴木選手が全日のリングで金網デスマッチをした。つくづく思う。世の中に「絶対」はない。面白すぎる。そして素晴らしい。「絶対」はない。

志ん生一代

100323_213211.jpg

小説「浅草キッド」以来ドキドキする小説「志ん生一代」。後輩のオリシマが貸してくれました。昨日 三又会を終え またもやアンバランス山本がMVP。悔しさが今になって込み上げて来ました。お見事 山本!4月の三又会は必ず僕がMVP取ります!審査してくれた米川さんも素晴らしかったです。どんどん緊張感が増してきた三又会。日本一面白いライブです、マジで。

灰になる

100315_221430.jpg

22日 六本木スプラッシュで三回目の三又会が開催される。僕が気をつけているのは仲良しこよしの糞ライブにならないよう心がけている。今回から作家の米川さんに審査して頂き一番面白かった芸人にMVPを授与する。三又会で一番面白いのは僕じぁなきぁヤバい。真剣勝負で僕は打ち上げで灰になる。

芸人

100314_071038.jpg

先日 出川さん 肥後さん 上島さん 竹山 インスタントジョンソンと番組終わり呑んだ。居酒屋のテレビにブーマーがネタをやってるのを上島さんが見て「ブーマーって面白いなぁー、芸人って続けてたら五十で売れても それでいいもんなぁ。辞めたら終わりだもんなぁ。」とシミジミ呟いた。みんな無言で頷いた。なんだか映画のワンシーンのような空気だった。志ん生が「芸人は五十からやっと面白くなるんです。」と言った。深い。僕は今年の五月で43歳になる。なんだか面白くなってきた自分。オッサン芸人 三又又三。

サイクロン

100312_235405.jpg

仮面ライダーとサイクロン。四歳の僕は憧れた。初代仮面ライダーしか僕は興味がない。別にフィギア好きでもない。四歳の僕の気持ちが一瞬蘇るから初代仮面ライダーが好きなんだ。甲本ヒロトの歌詞に「子供の頃から憧れてたものに なれなかったら大人のフリすんな 第一希望しか見えないぜ 不死身のエレキマン」とある。初代仮面ライダーになれなかった僕は一生大人のフリをしない。そう決めた。

石ころ

100307_204748.jpg

竜馬の言葉に「何でも思い切ってやればいい。死んだら石ころ同様 骨になって終わるのだから」とある。死んだら石ころ 骨になるだけ。僕は思い切って「人志松本のすべらない話」でMVSを取る為 今の日常と戦い そして楽しんでいる。明確な目標を持てたのは松本人志さんの御蔭だ。目標のない人生はインポと一緒、何も楽しくない。まだまだ僕はイイ女を抱きまくりたい。自然な考えだ。なぜなら本当にイイ女を一度も抱いた事がないからだ。正直 僕はまだまだ生きたい。最近「あれ、俺って何時かは死んじぁうんだ!?」と一日三回考える。毎日思うのだが答えはない。四十代から死について考えだすと石原慎太郎の本で読んだ。最近全く酒を呑みたいと思わない。烏龍茶でバカ話するのが楽しい。酒って嘘だからだ。アル中の知り合いが三人いる。彼等が切なく見えるからだろう。烏龍茶、コーヒー飲んでバカ話を語り合う。あっ、シャンパンとワインは上手い!ただし女ありきだ。先日 喫茶店で宮迫と松本さんとコーヒーを飲んだ。最高の時間と会話。それでいいんだ。

感謝

100309_230904.jpg

最近「人志松本のすべらない話」に とてつもなく感謝している。何故なら 今の人気に関係なく ちゃんと面白ければゴールデンタイムで自分のすべらない話を発表できるからだ。地道に喋りのライブを一人で立ち上げた三又又三にチャンスをくれるのだ。感動します。今日は中学時代のすべらない話が一個できました。僕は中学時代からダメ人間でした!

ネタ帳

100308_020359.jpg

「人志松本のすべらない話」MVSに向けてのネタ帳。又三のすべらない話が二百個を越えた。そのうちMVSを取れそうな話が三個あった。でもまだ自信がない。もっと研究しなければいけない。二百個で三個は厳しい、そして情けない。MVSを三回取った兵藤大樹は化け物だ。それを遥かに上回る松本人志は天才であり宇宙人だ。だから僕は戦う。化け物と宇宙人に立ち向かう三又又三は絶対いつか勝つ。だから三又会を続けるのだ。お笑い武装戦線 三又又三42歳 独身。

戦い

100305_162352.jpg

僕は今年中に最低一回「人志松本のすべらない話」でMVSを取らなければいけない使命がある。合計四回以上取らなければ兵藤大樹がチャンピオンだ。それは阻止しなければ僕は意味がない。三又会でMVSを取れそうな話がやっと一個できた。一個じぁMVSは絶対無理だ。○○な話は実に楽しそうだった。すべらない話は芸人同士の素手の殴り合いだ。だから あのリングが好きだ。あのリングで暴れたい。だから僕は三又会が本気でやれる。待ってろよ!MVS。

詩集

100303_160356.jpg

甲本ヒロトの詩集。ヒロトがいたから ここまで来られた 本の帯が決まってるね。二年ぐらいヒロトのライブを見てない。ユンボと千葉まで見に行った。一人で名古屋に見に行った。今年は誰と行くんだろう?あっ、鈴木君と下北のシェルター見に行ったよ!あれ越えるヒロトって あんのかなぁ?あるんだよ、ヒロトは!だから今年も見に行くんだ、俺は。

贈り物

100303_152925.jpg

松本人志さんから頂いたバカラのロックグラス。まだ一度も使っていない。僕は「人志松本のすべらない話」でMVSを取った時に初めて このロックグラスで酒を呑む事に決めている。それまでは 部屋のインテリアだ。このロックグラスをみるたびに 頑張って行こう!と思う。もちろん今年中に僕は このロックグラスで酒を呑んでるんだけど。三又会は大事なライブってワケだ。バーボンに決めた!

クロスカウンター焼きそば

100301_020033.jpg

あしたのジョー40周年記念クロスカウンター焼きそば。買っちゃうよ、バカヤロー!ウルフに金を貸すジョー、たまらんよ!カルロスとジョー、力石とジョー、玉袋筋太郎とマタゾー、水道橋博士とマタゾー、北郷とマタゾー、ほたるゲンジとマタゾー、千原兄弟とマタゾー、宮迫博之とマタゾー、宮川大輔とマタゾー、松本人志とマタゾー、ビートたけしとマタゾー、全部笑えて泣けるぜ、バカヤロー!あっ、ユンボとユリオカ忘れた!

時間

100301_001916.jpg

東京に上京して24年の時間が過ぎた。結局何をしたんだろう、僕は。今僕は六本木のワンルームマンションで考える。42歳、完全に人生の半分以上生きている。とにかく自分自身が楽しくなければいけない。無駄な我慢は必要ない。でも無駄な事ばっかの東京生活だった、今まで。無駄だから面白いのか?!とにかく今はロードタイプの自転車が欲しい、ただそれだけなんだ。初めて一人の自分と付き合うのが自転車のような感じがする。夏までに欲しいロードタイプの自転車。働こう!