プロフィール

三又忠久


三又又三

(みまた・またぞう)
1967年5月27日生まれ。岩手県出身。
仙台育英高校時代にはレスリングで県大会2位(60kg級)の実績を持ち、新日本プロレス入りも考えたという。
2005年より武田鉄矢原作、小山ゆう作画の名作漫画『お~い!竜馬』を自身の企画・プロデュース・主演で舞台化、そのまんま東、宮川大輔らを共演者として迎えるなど、ライフワークとして精力的に展開しつつ、単独ライブ『三又又三のかく語りき』を定期的に開催。
2009年2月、北野武監督作品、映画『アキレスと亀』で東スポ映画大賞新人賞受賞。
出演DVD『大輔宮川のすべらない話2』、好評発売中!

トラックバック

モバイル

ケータイでもこのブログをご覧いただけます。

三又忠久のお~い!竜馬への道QRコード

ケータイにURLを送信

« 2010年03月 | メイン | 2010年05月 »

昇り竜

100407_012248.jpg

明日は六本木スプラッシュで「三又会」がある。是非見に来て下さいね!

正直者

100419_071516.jpg

正直者になりたい。なれないから なりたい。カッコつける自分、カッコつけない自分。ブログって世の中で一番気持ち悪いのを分かってるのにブログをやってる自分。糞野郎なブログをやってる自分。ブログって気持ち悪い、本当に気持ち悪い。気持ち悪いイコールブログ。それがブログ。ブログって!ブログブログブサイク。

名作

100416_135329.jpg

映画館で見てDVDでも見て 名作は何度見ても面白い。「レスラー」。「グラン・トリノ」しかり名作は勝手に僕が友人にCMを打つ。だから名作なんだ。面白い芸人は勝手に他人がCMを打つ。「三又又三」のCMは誰か打ってくれてるのだろうか?誰も打たないから僕はライブを打つ。なんだか最近ハッピーだ。全て映画「グラン・トリノ」の御蔭だ。ありがとう、クリント・イーストウッド様!ありがとう、北野武監督様。僕も五十歳までに映画一本取りますんで お二人共 絶対長生きして下さい、宜しくお願い致します。

感動

100415_055653.jpg

久々に素晴らしい映画を見た。クリント・イーストウッド主演監督「グラン・トリノ」。感動した。「グラン・トリノ」を見た同志でコーヒーを飲みたい。先日試写会で北野映画「アウトレイジ」を見た。

トラウマ

100406_052704.jpg

僕の毎日は年末の「人志松本のすべらない話チャンピオン大会」のトラウマで始まる。最低一日三回思い出す。松本人志さんとの楽屋トーク、本番のオープニングトークが三又発信の笑いゼロ。全て松本人志任せなのだ。三又最悪!オープニングトークに関してはビビって用意してた話を怖くてしなかったのだ。そりゃMVS取れねーよ、三又!僕は「人志松本のすべらない話」出演で完全に満足してしまっていたのだ。MVSを完全に目標としていればこんなトラウマに悩む事はなかったのだ。甲子園がいい例だ。甲子園出場が目標と甲子園優勝が目標じぁ日々の練習が違う。僕は野球の名門 仙台育英出身だから散々その凄さを目にしてるのに!一つだけ収穫が僕にはある。過去最高視聴率の「人志松本のすべらない話チャンピオン大会」のグランドに立ってチャンピオン達にボッコボコにされた「経験」だ。僕のすべらない話はもう夢じぁなくリアルに変わった。僕の甲子園優勝、それがMVSだ。僕のライブ 三又会は素晴らしい本気なんだ。必ずMVSを取る。

桜満開

100331_065301.jpg

桜満開、元木さんの後輩 高橋尚成投手が開幕メジャー入りが決定した。高橋尚成投手とはメールで やり取りしていた。本当におめでとうございます。僕も早く「人志松本のすべらない話」でMVS取ってアメリカにメールをしたいと思います。待ってて下さい!

戦友

100401_000821.jpg

4月に浅草雷ライブで神無月さんと30分トークする事になった。神無月さんとは二十代の頃ショーパブで一緒に働いていた。先輩であり戦友でもある。とにかく変わった人だった。変人だ。そんな神無月さんが大好きだった。あの頃の話をたくさんしたいと思う。最高の先輩 神無月さん。